打倒大江山編

1019年5月 出陣・九重楼

来訪・三世代目第一子

蘇芳と火車丸様の子供がうちに来ましたよ~~!

さてさて、燃える赤髪と火の神様の子供はどんな子なのか

バーサーカーかよ。

燃えていたのは髪の色ではなくフィジカルでした。

スゲエ、マジで何なのこの素質。ピーキーにも程がある。この長髪も野生のままの姿に見えて来たぞ

そういえば、火車丸様の体の素質がこんな感じだったような

え、マジ?心と技は?生まれる時に落としてきた?

「悪癖:よそ見」とのことですが、オメーあれだろ。よそ見していた隙に攻撃されても肉壁だから無傷だし、むしろ「小蝿が」って言いながら相手を平手打ちで地球の端までぶっ飛ばすタイプだろ。

 

あのさ、「与一」の名前が襲名制だと分かったじゃん。密かに蘇芳の子供を三代目「与一」にしようと考えてたんだよ。だから、先手で職業も弓使いにしてやろうってな!

…………

どうしようこれ。これ絶対弓使い向きのステータスじゃないと思う。

いやでも初志貫徹って初代与一が言ってた!言ってたから!!!

 

ウオオオ!!!!

このバーサーカーをッッ!!俺はッ!!!

弓使いにするぞォォォォーーーッッッッ!!!!!

 

という経緯により弓使いになりました。

名前は千種(チクサ)くんです。野生の男です。よろしくね。

バーサーカーじゃなくて、アシ〇カ路線を狙ってほしいんだけどこの子、ちゃんと言語話せるんだろうか……

次期当主(候補)、不安しかない……

メタですが小豆が一番長く千種と接することになりそうなので、二人には仲良くしてほしいです。

蘇芳「5月某日。千種、肉を求めて小豆の腕を食す。」

朱「それもう子育て日記じゃん。」

小豆「蘇芳お前の子供だろ!何とかしろ!」

 

出陣・九重楼

今月の出陣先は九重楼にします。前に七天斎八起を倒したものの奥の探索が途中ですので、ここを攻めていきましょう!

千種はイツ花ちゃんと勉強して。語学教育は生まれた時から始まるからな。

 

サクサクと八起苑に辿り着いたのですが、ボス復活してますね。そういえば半年ごとに復活するんだっけ。

とりあえず、七天斎八起と再戦です。今回は源太くんの力を借りずに戦っていこうとしてましたが

あれ、普通に倒せた。

通常攻撃で殴るだけで終わりました。

半年前に同じ場所で同じ敵を倒すために戦った、父・与一とのあの日を思い出す子供たち

小豆は純粋に自分は強くなった!って自信に繋げてそうだね。

朱も父を越えたと認識はするけど、あまりに呆気ない勝利で納得できていなさそう。

蘇芳はそんな二人を連れて前に進みます。

 

九重楼の内部はなかなか術が多くてモチベーションが上がる〜〜!

ちょうど赤い火も来てるので、回収出来るだけ回収したい。

 

というわけで、今回の戦果ははくららと紅涙弾です。

前から思っていたのですが、俺屍の術って名前だけだと、どんな術か想像しづらい。まあこれはどのゲームもそうか。なら予想でもしよう。

くららはもう「クララが立った!」以外ありえない。というわけで、ノンアクション状態からから回復する技だ!

紅涙弾は多分紅生姜を弾丸のように打ち込むことで、一時的に能力がダウンする技だ!

後で本当の効果を確認しました。くららは相手の動きを止める技で、紅涙弾は敵全体に火の小ダメージを与えるんだとさ。実質正解ですね。

となるとやはり俺屍のネーミングセンスは良いということになる…。疑ってすみませんでした、お詫びに朱が紅涙弾チャーハン作ります。

朱、めっちゃ料理下手そう。むしろ、全員下手そう。

イツ花ちゃんがいなかったら共倒れしてたかもしれないと思うと、イツ花ちゃんは静匁木家の命の恩人だな。

 

話は戻って、どれだけ術を手に入れようが習得しなかったら意味がないんですよね〜〜。

技の伸び的には今のところ蘇芳が頑張ってくれているんですが、朱と小豆にはあまり期待出来ない状況です。

でもみんな技の水が高いからHP回復技はしっかり覚えてくれているのがありがたい。

腕は武器を振るうため、術は回復のため、というゴリ押し脳筋感が「這ってでも生き延びてやる!」という感じで良い。

絶対負けない気概を感じられるというか、不敗を意識してくれているみたいで嬉しいです。

でも他の術も覚えて良いんだよ