打倒大江山編

1019年7月 出陣・相翼院

出陣・相翼院

蘇芳の健康度が一層下がる。

だけど今月は蘇芳の息子である千種の初陣!

親子出陣が叶ってよかった!

 

ちなみに今のステータス。


こうやって見てると、蘇芳と朱と小豆の三姉弟感がはっきり分かっていいなあ。

今だと体力・防御のトップが小豆、攻撃力・敏速のトップが朱なのか。

朱のキャラを真っ先に口と手が出るタイプに、その被害者を小豆にしてしまっているところがこういうところに現れてしまうとは…。

ていうか小豆も悪気なく失礼なこと言うタイプだと思うから仕方なくね?

口癖だって「また今度」は「あーまた面倒くさい事に巻き込まれる…!先制回避だ!」って思いながら発してるよ多分。

 

※使用例

蘇芳「小豆。火車丸様への手紙を書いたんだけど、火車丸様私の字が下手くそすぎて読めないんだって。代わりに書いて。」

小豆「あーまた今度な」

蘇芳「今度っていつ?今?」

小豆「いや、おかしいだろ!」

 

朱「小豆ー。私の防具類出しといて。ついでに拭いといて。」

小豆「自分でやれよ…。」←口癖すら無くす

朱「だってあんた暇そうじゃん。」

小豆「よく見ろ!俺!手紙書いてる!」

朱「一瞬で終わるな。じゃ、よろしく〜。」

小豆「…全国の弟ってこんな扱いなのか?」

 

あれ?小豆の当初のイメージとの乖離が…。

まあなんやかんやいい距離感ではいるんじゃない?


和気あいあいとする3人の傍、はやく出陣したくて地団駄を踏む千種。

しびれを切らした千種。真顔の圧。

 

今月は相翼院に行く。

相翼院は出陣回数の割に取りこぼしてる術が多いんだよ。

 

例えば白浪。

これって一番最初に解放した神様・白浪河太郎様の名を元にした術だよね!

河太郎様が人の為に記してくれた術なのか、術の考案者が敬意を持って河太郎様の名を当てがったのかは分からないけど、神様と同じ名前の術だと手に入れたい欲が出る。

 

赤い火は、来ないなあ。蘇芳が生きているうちに火を見せてあげたいんだけど…。

うーん、白浪ゾーンで粘ったけどもスロットも的中しない。今回は奥に進もう。

 

そういえば相翼院にも宝箱ゾーンがあるのですが、なんと今月!蘇芳があの!仙酔酒を覚えてくれたんですよ!!

これで怖いもの無しだ〜!

やっぱりトラップに引っかかるのは朱。何でなの?そういう星の元に生まれたの?

早速蘇芳に仙酔酒で回復してもらおう!いやー健康度が下がってるとはいえ、まだまだ蘇芳も成長しますね。

まだ強くなれる!

 

実は今回神仙水も持ってきてたんですけどね。10個程。

そう!道具屋さんで売っておりました!売ってるのかよ!!

商人「神仙水、開けてみたいでしょ?」

イツ花ちゃん「はい、みたいです!」

商人「いきますよ〜せーの!」

イツ花ちゃん「ああ〜〜!神仙の音ォ〜〜!!!」

という経緯でイツ花ちゃんが買ってきてくれました。天才。

 

今月は特に収穫がなかったのですが、蘇芳の仙酔酒がお披露目できただけ良いとする。

白浪はさあ…もう河太郎様を小脇に抱えて出陣すればいいんじゃないかな。