打倒大江山編

1020年12月 出陣・大江山

青磁に言われるがままに嵌めた赤の指輪のおかげで、浅葱は仙酔酒を習得しました。
青磁の思惑通りです。やったぜ。
交神をする浅葱にも指輪戦法は有効なのかを試してみたのですが、結果は成功のようです。

青磁は太刀風を、柿はお焔、暴れ石を習得しました。

千種は……………

健康度が下がっている…………。
千種の人生これからってとこでしょ?!もう終わりが近づいているの……?
取り急ぎ漢方を処方しました。

 

父上……

千種

苦い

父上…………

 

知っていますよ、そんなこと……

今月は何が何でも大江山に出陣します。そしてこれを、千種最後の出陣にします。
来月、浅葱の息子が来訪するので、その子の師事を千種にしてもらいましょう。
小豆に息子の柿の面倒をふた月も見てもらってたからね、今度は千種の番。

浅葱には源太の剣を装備してもらって出陣しましょう。大江山用特攻武器だと信じてる。

出陣・大江山

高くそびえ立つ大江山…。泣いても笑ってもこれが最後の出陣だぜ、千種くん。

そして、お久しぶりに黄川人くんと出会いました。

えっ…可哀想すぎる黄川人くん…。なんかごめん、自分たちだけが不幸みたいな生き方してて…。
家族がいるだけめちゃくちゃありがたいんだよなあ。一人ではこんな過酷な運命背負えない。

黄川人くんは永遠の時を孤独に彷徨っているのかな?一族とは逆だね。
限られた命でも、家族や大切な人と生き続けられる一族の方がまだ幸福なのかも。だから、黄川人くんはいつも皮肉的な発言をするのかな。構ってほしくて…。

生き別れの姉かあ…そりゃそうだよなあ…家族に会いたいよなあ…。
黄川人くんの姉…適当今後妄想では黄川人くんの父親違いの妹がイツ花ちゃんという妄想をしていたのですが、微妙にかするようなかすらないような?スナ◯キンとリ◯ルミィみたいな感じ。

さて、切り替えていきましょう。

赤い火はありません。天候で火力がダウンするそうです。

なまはげくんに攻撃をしてみて、前衛職のダメージ量を確認してみました。

浅葱…やるじゃん。属性武器を使う浅葱、めちゃくちゃ強い!
これさあ…槌の属性武器があったら柿はもっと強くなるんだろうね。だって今もう十分強いから。
先に進もう。

大江山仁王門までやって参りました。

太り仁王と痩せ仁王というそうです。見たまんまだな。
タイミングを伺いすぎて、肝心なところのスクショが撮れなかった図。

雷太鼓の符かあ…浅葱が好きそうだな。黄色文字の符は初めて見たような?

今月はやりたかったことをする。
太刀風の併せがしたい!
太刀風は青磁来訪後に獲得した術のうちの一つ。そして唯一、青磁よりも先に千種が習得した術なんですよね。
青磁からすれば面白くなかったでしょう。
だからこの度、覚えてもらいました。

併せ開始!

微妙に食らうダメージ。

浅葱…わかったよ…。これだろ?

青磁は太刀風の併せに参加してもらって…と、そうこうしていると浅葱が攻撃をくらってしまい…

…柿の恩返しですね、これは。
そして太刀風の併せ!!参加2人の4倍ダメージ!

結構いいのでは?!

千種を写した浅葱の攻撃と青磁の花乱火。

なかなか効かない。あまつさえ、太り仁王に回復される始末…。
だったら…

静匁木一族流奥義・当主に武人。柿〜!父上に武人を頼む!

と思ったら邪魔される〜!

こういう時の浅葱、本当に輝いている…。

青磁…笑
自分を万全の状態に整えたいのでしょうが…

お前は武人な!!
そして太り仁王がお地母で自身のみ回復しました。お地母は全体回復ではないのか?
まあ、こちらとしてはありがたい。

武人三回重ねの千種の攻撃!
戦センスが良すぎる男、千種。

太り仁王…眠ってしまったんだ…。
浅葱は先ほど痩せ仁王にみどろを打たれた青磁に神仙水を渡します。

ああ〜柿の攻撃がしょっぱい!だけど太り仁王を撃破!

千種の痩せ仁王への攻撃!

戦センスが神がかり的に良すぎる男、千種。

痩せ仁王…眠ってしまったんだ…。
こんなの見せられたら私…千種と離れがたいよ……。

浅葱と千種でフィニッシュ!

無事に勝利しました。

青磁と柿が同時にレベルアップするのが面白い。二人は何か折が合わなさそうなんですけどね。
逆に青磁は千種と浅葱のことは嫌いではないと思います。むしろ、馬鹿正直さが好ましいと思ってるんじゃない?

第一の門は開かれた。先へ行く。
と、その前に。

浅葱が武器を装備し直しました。源太の剣から、片葉の剣へ。

 

浅葱

うん、これがいいんだ。オレは。

千種

そうか

BGMが急に変わりました。このBGM好きだな。
ヤバそうな敵も見えますね。

あ、この天狗強い。後ろの敵が見えねえ。

青磁の火力が明らかに落ちてますね。浅葱の火力が落ちるのはわかるんだけど…。意外と無属性武器の方がいいのか?

柿、強い相手に対してはめちゃくちゃ慎重だな。でも火力はそこまで落ちてない。やはり無属性武器がいいのか?

ウ゛ォ゛?!?!?!?!?!

突然赤文字が出てきて、情けないことに心臓飛び出るかってくらいビビってしまいました…………ホラーは苦手だって言ってるだろ!!!

全文です。誰が書いたんだろう。いや、誰でもいい。
こんなところに書かないで?!びっくりするだろうが!!!

千種は今、自身に迫る死の予兆と今後の一族の行く道を考えながら戦っているんだよ…。
余計なことを考えさせないで。
お前の歌に重ねる魂はねえ!!!!
ひとりでエモってろ!!!!!!

割とガチめにホラー無理なんで本当許してほしい……。
まあでもスクショを見たら、千種の目に映るは怪文書ではなく倒すべき敵だったので許されたと思う。
目の前にいる天狗ども、マジで強いから…。いろんな意味で怖すぎ大江山。

雷電!強そう!欲しい!

は〜〜〜〜この太刀風!この太刀風が厄介!そして天狗のHPが多い!

本当にお地母を習得していて良かったです。軽んじてすまない…。

柿が攻撃を当ててくれたのですが…。

逃げられた!!!さよなら雷電……。

また来て雷電。もう絶対逃がさん。

千種

まだ俺にできることがある。
もう夕飯の肉なんか賭けたりしない。

千種

俺のありったけ、全て賭ける

そんな気概を見せて戦い続ける千種。
そして思い出したんでしょうね。自分が「当主」であることを。

約1年ぶりほどではないでしょうか。久しぶりに使ってみます。当主の指輪を、この大江山で。

家族を想う千種に力を貸して!源太くん!!!

だが無情にも太刀風と土々呂は止まず…。

間違ってないよ浅葱、自分を労わって。

青磁の武器を無属性武器に変えてみたんですが…さっきよりも攻撃力落ちましたね…。どうすりゃいいんだ。
武器自体の攻撃力は青磁の薙刀より、浅葱の持つ剣や柿の槌の方が高いからそれで浅葱たちが強く見えた?

雷電はしっかりゲット!

時登りの笛をゲット!
説明から察するに、時を遡れるらしいです。時かけ?ループ世界?
何のために今、千種の命を燃やしていると思ってるんだ…。

来てしまった、朱点閣去る橋…。
序章で源太くんとお輪ちゃんが戦っていた場所です。石猿田衛門と対峙し、「花乱火の併せから入って八手で詰み」の名言を生み出した場…。

千種、戦いたいよね。その奥の朱点童子とも。そして呪いから皆を解放してあげたい。
でも自分は今、当主としてここに立っている。
イツ花ちゃんは出陣前、当主の千種にこう言った。

だから、柿に言うんだ。

千種

やりたいこと、残しておく。
全部俺が奪ったら、お前の楽しみがなくなる。

千種

挑戦はおあずけ。
悔しかったら、お前が来年ここに来い。

ここで引く。
それ即ち、千種だけでなく浅葱と青磁も、呪いによる死の運命を受け入れなければならなくなったということ。呪いから解放されるという可能性を、二人はここで絶たれた。
そして、柿だけに託される。
千種の言葉を聞いて、みんなそれをすぐに理解するんでしょうね…自分の命のことは自分が一番分かっているでしょうから…。
言ってて辛くなってきた…何でみんな寿命が短いんだ…呪いのせいか…。

戻るぜ!

折れてねェ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!
千種の弓は折れてねェ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!

健康度が下がっている千種が一番崇奈鳥大将にダメージを与えられているという現実…。
この天狗には土属性が有効ということなのか?

やりたいこと全部やる!千種、お地母だ!みんなを回復!

芭蕉嵐と白雪の小袖です。この小袖、綺麗な名前なので前から気になってたんですよね!

そろそろ空回りし始めたか…。

でも浅葱と青磁はしっかり攻撃を当てますね。
それが答えか。ここで引く決断をした千種への。

残される側はつらいよね、柿。
来年大江山に出陣したとして、青い三人はもういないと思うし…。

ああ本当に、もう…。こういうのは伝染していく。

だけど、こういう時に強いのが青磁。しっかりと対処してくれる。
周囲に流されず、前を見ていてくれる。

芭蕉嵐と白雪の小袖を無事にゲット!

やめちくり〜〜〜〜。
大江山の鬼どもが千種の生き様を嘲笑しているようにしか見えない…。

浅葱の攻撃はまだ…。

青磁

はあ、見てらんないよねえ

青磁がお地母を!!お前…労ってくれるのか…。

綿津見の符ですって。浅葱、これでテンションあげて。

浅葱と柿〜!
青磁は考えるわけです。

青磁

このままでは技力が持たない。いつか自滅する。

ならば…。

青磁がくららの進言を出していたので採用し、天狗を眠らせました。

そして当主の攻撃。
綿津見の符をゲット!

ああ〜〜これこれ!これが見たかった!浅葱は符が大好きなんだから〜〜〜!
テンション上がったか?!

当てた笑

この12月も終盤のタイミングで父親に有寿ノ宝鏡を向けるのはやめてくれ。柿は縋る思いで出したんでしょうが…。
父上は認めない。

攻撃してね、自分の力で。

12月が終了しました。
帰りましょうか。上出来です。

ありがとうイツ花ちゃん。
お腹いっぱい食べて、ゆっくり休もう。