1021年5月 出陣・九重楼

復興の甲斐あって、相場屋さんと刀鍛冶屋さんがオープンしました!
どちらも気になる。
早速覗いてみましょう。

まずはこちら、相場屋さんです。
完全に株。これは興味ありますね。有り金全部賭けたい…。
でも柿は当主就任前の進言を省みると超ド級の慎重派だからなあ。
有り金全部賭けるような博打はしないでしょう。
いくら賭けるか考えておいて、出陣前に景気付けとして購入しようか。

お次は特注剣を打ってくれるという刀鍛冶屋さん。
特注剣というだけあって、打ってくださるのは刀だけのようです。
いや、そんなことより後ろの「けんふく」判子と剣福氏のドデカブロマイドの方が気になって仕方がない。
「私はこの刀を打って成功しました」みたいな絵でびっくりした。これは非常に期待できそうです。

攻撃力127!強い!片葉の剣を超える!
浅葱の戦闘力に見合った剣を打ってくれるんですね。
せっかくだから浅葱に特注剣をあ進呈しよう。これ買います。

は?!
たかっ?!?!?!?!?!
え、こんな高いの?!確かにさっきイツ花ちゃんからお値段はするという説明はされたけど、これはぼったくりでしょ?!?!
さすが成功者はスケールが違う。一族はまだ成功していないから、ここで鉄の代わりに剣福氏に打ちのめされるしかない。
直近でどうこうできる金額ではないなあ。ごめんね浅葱…夢物語だった…。

今月は九重楼!
とつげーき!
…の前に、新事実に気づきました。
ダンジョンを選択すると出撃画面が出てくるのですが、そこに鬼録っていうのがあったんですよ。
今まで完全に無視、というか目に入ってなくて今更気づきました…。

中を見るとこんな感じ。ダンジョンに出現する鬼が確認できます。???はまだ出会っていない鬼ですかね。

倒した敵は詳細情報も追加されるみたいです。ポ◯モン図鑑みたいですね。
で、何が言いたいかっていうと…
ここ、鬼が持つ戦勝点が書いてあるんだよ!

鳥居千万宮にて、「雑魚戦なのに戦勝点がめちゃくちゃ高いのは何故?」という疑問を抱いた戦闘がありました。
当時倒した雑魚敵の中に物の怪という鬼がいたんです。

これを見ると物の怪の戦勝点、高いんですよね…。

ちなみにここの大ボス・九尾吊りお紺ちゃんの戦勝点はこちら。物の怪と100しか変わらない。
遅すぎか?!千種が生きてる時に解決させてあげたかった………………。
ちなみにボスもわかるみたいです。

九重楼の残りのボスはあと2体。今月は1体だけでも倒したい。

宝物目録というのもありました。この世はでっかい宝島だということがありありとわかる収拾率。
宝探しの成果もわかりやすいので、呪われるだけでは飽き足りないドM当主による宝箱コンプRTAなんてものもできそうですね。

出陣・九重楼

熱狂の赤い火がある!ボスまで行くぜ〜!

七天斎八起のところまで辿り着きました。

やったー!朱ノ首輪だ!
朱ノ首輪から解放される記念すべき二柱目の神様は七天斎八起様になりそうだ!

青磁の攻撃と

柿のトンデモ攻撃で

アッサリ倒せてしまった。
そういえば七転ぶ前…七回倒す前に解放してしまったんだが、名前的にそれはありなのだろうか。これでは三天斎四起ではないのだろうか…。

私の疑問など捨て置け!七天斎八起様が正気に戻ったぞ!
奉納点ありがたや〜。

いかついおじさまですね。

紅こべ相手とは思えないダメージ。
柿つえぇ…。属性武器がつえぇ…。

あっ路考が柿に有寿ノ宝鏡を使っている。
柿にバレないようにチラッと鏡を出していそう。モロバレだぞ。

路考が攻撃された時の青磁、突然の薬。

浅葱、お前もか。
こんなに薬推しなのは、得意・薬草詰みの柿の影響なのだろうか。道中で薬草詰んでそのまま討伐に向かいそうだもんね、柿。

路考が初めて木霊の弓で相手を眠らせた!このテクは千種から教わったんだと思いたい。

柿…劇的に強くなっている。何なんだ、このダメージ量…。惚れ惚れする。

もうすぐ赤い火が灯りそうだったので登りつめました。
赤い火になったと同時にご対面!

どう見ても風神雷神。2体編成…ということは大ボスということか…。

黄川人くんから聞いた彼等に関する逸話は、「善意で火と風(?)の使い方を人間に教えたら、天界からバッシングを受けた上に、人間は彼らの善意とは裏腹に、教えを愚かな方へ使ったよ」って感じの話だったような…?
ダイナマイトじゃんと思った記憶があるんだけど、もはやうろ覚えなので内容に自信はない。

ちょっと意味がわからないから日本語で話して。

太刀風五郎が一人で盛り上がっている…。せめてもう一人の方が反応しろ!!
何だこれ、そういうフリ?!ツッコミ力を試されていた?!

漫才コンビの良いお客になれなくて悔しかったのですが、スロットの方はレアの大盤振る舞いなのでハッピーです。

前回のお業さん戦の反省を活かし、初っ端から柿に武人をしてもらいます。

青磁は健康度に問題なし。

ならばこれ。奥義・双光青磁斬を開幕からぶっ放してもらいます。

二柱とも前列だからちょうどいいね。
行くぜ〜〜!

おりゃあ!良いダメージ!

浅葱は青磁に鏡かあ…それもアリなんだけど、一回白浪を試し打ちしたい。

併せたらもっと効くかな。

路考には普通に攻撃してもらった。なかなかいい!強い!

ムカデみたいな攻撃とパンチをされたのですが、あまり効いていません。
やっぱりお業さん戦がおかしかったんだ。芭蕉嵐…。

じゃあ青磁には前に出てきてもらって、薙ぎ払っていただこう。
いいダメージ!奥義とそんなにダメージ変わらないんだな。

浅葱も攻撃。良い良い!強い!!

浅葱と路考…親子揃って青磁に鏡を向けるのか。
路考はもうすでに結構強いんですが、

念のため青磁を写そう。

雷電五郎のパンチは痛くない。
ここで太刀風五郎が竜巻を発生させてきました。

?!?!?!?!?!?!?!?!
浅葱〜〜〜〜〜柿〜〜〜〜〜〜!!!!

浅葱は確実に2発で落とされるから絶対後列に下げなければ…!
柿はまだいけると思う。何よりさっき高火力を見込んで武人積んだばかりなので後列に下げたくない。
だからここは、

浅葱にお雫。

は?また竜巻?!?!

グワーーーーーーーッッッッッッ!!!!!
合わせるようにパンチ!
やめてくれーーーーーー!!!!!!

え、ヤバ……
お業さんの時とは比べ物にならないくらいヤバ…………。

どう考えてもさっき柿を下げるべきだった!

青磁は体力に余裕があるから盾になってもらわなければならない。だから絶対前列。
どうしよう…この状況、お地母じゃ駄目だ。円子じゃないと駄目。
柿と浅葱、どちらを回復するべきか。

当主を回復。浅葱の努力を信じた。

浅葱は何故こんな時にまで他人の心配をする…!浅葱が一番傷ついてるのに…。

後列に下がって円子。
良かった…浅葱が円子を使えて…。

路考もお地母かあ。
でもここは青磁を回復してほしい。

青磁にお雫。
竜巻が来る前に倒したい!
武人を積んだ柿の攻撃!

かわされた!!!!!!!
ヤバイ!!!!!!!!

お前そんな技持ってたのかよ?!?!?!?
雷電五郎が落雷という技を撃ち落とした。ひどい……。

畳み掛けるように竜巻…泣けてくる……心が折れる……。

でも…不敗で神話だと初代与一が掲げたし…二代目与一は不退転だと言ったし…三代目与一は今年大江山に行けと言った………。
四代目与一の采配次第…。

真剣にプレイしよう。

円子なら単体を全快できる、でもこの状況では悪手。

青磁の進言はお地母。だったらお地母を4人で重ねよう。
皆でお地母だ!青磁に続け!

青磁、浅葱、路考のお地母!
いいぞ!

落雷やめろって言ってるだろ!!!!!!!

柿を後列に下げます。柿には武人を積んでるから下げられないなんて言ってる場合じゃない。

柿のお地母で回復。

竜巻!!!!
なんですが、青磁と浅葱は回避しています!
ついに見切ったか!これが経験の差!

路考と浅葱のお地母で回復したので、柿以外は猶予のある状態まで持ち直せました。
そして青磁の手番…。

柿の体力面が不安なので回復がしたい。だけど仕掛けるならここ。
青磁と浅葱が作ってくれた好機を逃したくない。

回復か攻撃か。それぞれを選んだ場合の考えられる最悪パターンはこれ。

①安定路線のお地母
→竜巻落雷コンボ続行でお地母チェーンも続行
→柿の技力が尽きる
→回復必須の状況になるも柿の技力不足により十分に回復できず自滅

②青磁の次に柿のターンが来ることを願い攻撃
→敵のターンだった場合、竜巻落雷コンボで柿死亡

だけど、来ないかもしれない。竜巻と落雷、打ってこないかもしれない。
ムカデとパンチならワンチャン耐える盤面。

賭けるか。

柿!自分の命を運命にオールベットだ!
運が良ければ死にはしない!

青磁さん、双光青磁斬をお願いします!

いえーい!!(ヤケクソ)
双!光!青!磁!斬!

は、、、、、、、、
え、、、、、、、、

え、なに…勝った………?
倒せるとは思っていなかったから呆然としている…。
青磁のパフォーマンス力と柿の大博打が功を成した…のか…?

突然の勝利にびっくりしすぎて5回くらい勝利画面のスクショ撮ってた…。

…………………。

青磁が奥義を使うことが出来たのは…

柿や浅葱や路考が円子やお地母という回復の術を覚えていたからで…。
そして青磁と浅葱が二人して竜巻を回避したからで…。
それが無ければ攻撃の手は考えられなかった。

誰が欠けてもダメだった。

だから…

今度こそ本っ当に死ぬかと思った…;;
勝った喜びよりも死ななかった安心感の方が大きい………。

褒めてくれるなんてなァ〜〜!ありがとよ!

これは絶対思っていない。

5月が終了。
ここ一年分くらいの頭使ったからはよ帰って寝たい。
いやー、手に汗握る月だったなあああああああ?!!!???!!?

浅葱が…燃え尽きようとしている……。