打倒大江山編

1021年12月 決戦・大江山

大江山…。

これが朱点童子ですよね…ドキドキで心臓破裂しそう。

やれることはやったぞ!いくぜ!

黄川人くんだ。そしてこの台詞。
これって…もしかしなくともアレですよね。

いや絶対そうでしょ。これ裏京都の話だ多分。
元より呪いが解けた黄川人くんは問答無用で連れ回す予定だったから嬉しいがすぎる。

応援してくれる人がいる。頑張ろう。幸先がいい。

本当に幸先が良かった!!!

熱狂の赤い火さんがここぞとばかりに灯っていてくれている…!
これは背中を後押しされますね。
二代目当主の蘇芳が「熱狂の赤い火は導きの光」と捉えていたけど、まさに今そうなっていてびっくりした。

野分と赤羽根の兜と火竜を回収しました。
赤い火の時にこういう直線上の敵を見ると、槍の直線突きがあればスマートなんだろうなあ思ってしまいます。
小豆〜〜〜。

赤い火が切れたら結界印を併用します。
そして後はもう一直線に登るのみ!

と言いたいところなんですが、接触事故が多発して示談に時間がかかってしまいました…。

だがついに来たぞ!

開門。
ウオオついに決戦が始まってしまうのか。
えっ決戦……?こわ………

いざとなると、なかなか覚悟が決まらない様子の柿。
迷っているのは私の心です。だって怖い。

いや、もう…行くしかない。
覚悟は決めた。

真っ先に思い浮かんだ言葉が「お邪魔しま〜す」だったのが残念。

この階段を登った先に奴がいるのか…。
心臓バクバクいってる。多分みんなもそうだと思う。
緊張してきた……。

いたぞー!

源太くんとお輪ちゃんのことかな。
序章…結構な回数見ているのですが、朱点童子のターンになるといつも辛くて最後まで見れない…。
そりゃあ朱もこいつと同じ字を持つ名前は嫌だったよね、申し訳ない。

あの時のガキのひ孫です(ガチギレ)

は?何の話?
お業さん状態の輩多すぎないか?話が通じないって意味なんですけど。

その意見には同意するがお前は許さん。

養老水って何だろう。今度こそ神仙水の親戚かな。
ていうかBGMが怖すぎて余計に緊張してきた。

悩んだけど初手は当主ノ指輪で源太くんを召喚!
怖い時、ピンチの時はこうやって源太くんが道を切り開いてくれる。

ダメージもいい感じ!これで無念の中散った源太くんも、宿敵へ一撃決めることができた。
初代当主・与一の最初で最後のボス戦でも源太くんが活躍してくれたんだ。

今を生きる柿たちには、彼らの屍を越えてゆく戦いをしてもらいたい。

路考の進言は堅実な感じがする。
一応路考と竜胆のステータスを比較しましたが、特に有寿ノ宝鏡を使う必要性はないと判断したため…

いつも通り土祭りを行ってもらいます。

竜胆の進言。花乱火〜〜〜!!!
石猿戦には間に合わなかったけど、ここで使っていいですか。使います。

花乱火は二代目当主の蘇芳が遺言で追い求めていた術。
蘇芳の息子である千種に、竜胆の父親である青磁が披露して見せた術。
思い出の術。

おい、感傷。
竜胆が朱点童子のくせえケツで圧迫されてしまった。

ケツアタックつよ!!!
すかさず路考のお雫で回復します。
これ本当に前列を竜胆にして正解だった…。

ハイ!サルのおし〜りィ!(憤怒)
前列を竜胆にしたのは正解なんですが、想定していたアイテムで回復戦法は無理ですね。

このダメージ量、常盤ノ秘薬では追いつかない。

竜胆はめげずに花乱火を推している。

だけどここは柿へ武人だ。

朱点童子!
てめーのケツをナマコでひっぱたくぞ!このケツナマコが!

と言いたいところですが、竜胆はそんなことしないし、そもそもナマコは好物なんですよね。

己への武人より竜胆の身の安全の方が大事です。

そして路考と竜胆は柿への武人を行う。
尻のダメージ量的に竜胆はまだ耐えられるはず。

朱点童子ファンにはたまらない怒涛のファンサービス。だが、肝心のファンがここにいない模様。

流石にヤバイので円子進言を採用して回復。

武人は計3回積んだ。ここで入場テーマが入ります。

背番号4番、静匁木与一〜。
満を持して前に出ます!

オラア!武人3回積んでこれかー!キッツイ。

でも竜胆と路考の攻撃がこれなんだ。やはり柿の爆発力に賭けるしかない。

さて、柿選手。一度控えに戻ります。
後列に下がって武人。もう少し火力が欲しい。

というところで同じく、朱点童子も力を溜め始めてきました。
やめろ。怖い。

黒鏡ってどんな技だっけと確認したら、敵のステータスを写す術でした。そうでした。
へー………。

朱点童子…君の力を利用させてもらう。
勝つためなら宿敵の力を己の身に宿すことも厭わない竜胆。

これで尻以上の強烈攻撃がきても耐えられると信じたい。
絶対竜胆の素のステータスよりも朱点童子のステータスの方が高いと思う。

そっちかーーーーー!
うめえーーーーーーー!!

思わず朱点童子のプレイングを褒めてしまった。うますぎ。
完全に油断していた。路考が体力高くてよかった…!
そらもう円子よ。

よし、ならば反撃だ。
また前線に躍り出る柿。

これはいい火力だ!さすがの威力!

だけどここで朱点童子がローリング2ケツしてきたため、柿と竜胆の体力がごっそりと抜かれます。
この二人の被ダメージ差を見て思いましたが、竜胆を盾に選出したのは大正解でしたね。

柿にお雫で大正解です、路考くん。路考の回復力、惚れ惚れする。
さすがは回復特化スイッチャー剣士・浅葱の息子。

我も我も〜^^みたいな顔で円子を使うな。
竜胆くんの母親は地蔵堂円子様ですよ。これにはムッときてしまいますね。

特別に本物の「円子」を見せてあげる。

母上が波打ってくれました。なかなかいいダメージです。
さすがお地蔵様、鬼に屈したりなどしない。

着実に当てる柿!全く外さない!凄い!

路考にお地母をしてもらう。より安全な状態になるよう場を整えてもらいましょう。

おめえは性懲りも無く円子を…。

進言に入っていると使いたくなる術、くらら。
案の定回避されてしまいました。

そおい!柿の火力、もっとあってもいいな。

路考による武人!
カキ、もっと燃えてくれ!

ああんケツ!!!

二人してダメージを負っているという状況はキツイな〜〜。

柿は一旦退場しよう。
そして竜胆にお雫だ。ケツカッチンされるであろう竜胆を優先して回復。

路考が本当に戦況をわかりすぎていて…。

柿を回復しよう。

竜胆による武人!柿、やってくれ!
二人の期待に応えて前に出ます。

これはーー!!!
柿の会心の一撃!!!!!

強い!強すぎる!!!

あっ…

これは…神様……?

これは…これは…

やったーーーー!!!!!!
勝ったーーーー!!!!!!

興奮冷めやらぬまま、柿と竜胆が成長しました。

柿、朱点童子戦では一度もミスしなかったな…。
それどころか会心の一撃で朱点童子を沈めた。これぞ”当主”。
もう完全に先代たちの屍を越えてゆけていますね。

そして竜胆。
ずっと前線で朱点童子の相手をしてくれていた。
竜胆の盾としての強さが無くてはならなかった。

最後に路考。
回復と補助術の役割をまるっきし一任していた。
もともと高い技力と回復量ですぐに戦況を綺麗に整えるから非常に助かった。

四世代目の三人のおかげで!
ようやく!朱点童子を、宿敵を倒せた!
本当にありがとう!!!

えっ

ここでムービーがはじまりました。

えっ

1 2 3