五代目当主・榛

1022年10月 出陣・九重楼

また病が流行っていますね。前は夏秋で今回は秋冬。
時期的にインフルエンザかな?平安時代でも流行していたみたいだし。
現代医学だと普通の病気が、時代によっては鬼や超常現象のせいにされるの好き。

竜胆の教育結果やいかに…!

そこそこといったところ。
竜胆自身は成績優秀だけど、教えることは得意ではなさそう。

今月から紫陽花が実戦部隊入りします。

体力はさることながら、技の土も低いのが怖いです。
術でワンパンでのされるなんてことがあるのだろうか。
絶対に死なせない。

お父さん、娘をちゃんと守ってくれ。

今月は相翼院討伐月間か〜〜行かないなあ〜〜。

今月は九重楼!
ここの討伐が完了すれば、大江山後のダンジョンは一通り確認したことになります。
ちょっくら邪魔するぜ!

出陣・九重楼

行くぞ〜!路考センセーは新しい世界を見ろって言っていたんだ!
全てのダンジョンを見て回るぜ!

ちなみにバミが何故路考を先生呼びしているかと言うと、単純に語呂がいいからです。それだけ。

このダンジョン、そういえば序盤は豪雨でした…。
豪雨といえば、燃える拳。
燃える拳といえばバミ。

これが竜胆の攻撃。

シケてんなあ!

あらよっと。

男どもの闘いぶりを見て成長する紫陽花。
待って!バミの真の力はこんなもんじゃないから!

榛(バミ)
榛(バミ)
クソォ〜〜!
榛(バミ)
榛(バミ)
紫陽花…いや、アンジー!オレの力はこんなもんじゃねーんだ!
紫陽花(アンジー)
紫陽花(アンジー)
うん、わかってるよ。白群くん。
白群(びゃっくん)
白群(びゃっくん)
なんで俺?

 

土々呂!アンジー耐えろ!

意外と白群と差がない…?

竜胆が斬ってくれた後に、

ドーン。白群が仕留めます。

あ、アンジーーーー!!!!
竜胆とびゃっくんの戦いぶりを見て成長する女。もはやバミのつけ入る隙がない。

榛(バミ)
榛(バミ)
びゃっくんは敵だ!オレにとってはな!
白群(びゃっくん)
白群(びゃっくん)
あ、ようやく縁切りできるの?バイバーイ
榛(バミ)
榛(バミ)
びゃっくん〜〜〜〜!!!!
竜胆
竜胆
榛、行くよ
榛(バミ)
榛(バミ)
オッス、竜胆くん!
紫陽花(アンジー)
紫陽花(アンジー)
バミくんっておもしろいね
白群(びゃっくん)
白群(びゃっくん)
ただのアホだよ

これが…

こうよ。雨が止んだことでようやくバミに陽の光が当たります。

血火弾!これは欲しい!

バミキック!
アンジー見てるかーー?!

紫陽花(アンジー)
紫陽花(アンジー)
………
紫陽花(アンジー)
紫陽花(アンジー)
……燃え髪さん逃げていったよ 
白群(びゃっくん)
白群(びゃっくん)
何やってんの? 

ひどい。二度目の正直。

これは凄い高火力!バミの血が騒いでいる!

燃え髪から花連火!
前に出た反動ですね、ものごっつダメージくらいました。

竜胆、親馬鹿か?白群を助けてやって。

血火弾を無事ゲットして終了。

火葬かあ…。

バミの拳の方が熱いぜ!

火葬ゲット。そんな終わりを意識するような術を…。

竜胆の年齢は1歳4ヶ月。
こんなこと言うのもアレですが、1歳7,8ヶ月を寿命だとすると…これ以上はよくない」。

竜胆の一撃。強い。

紫陽花も竜胆と同じで白浪が好きなのか。

雷電を習得したら、雷電を推すんだろうなあ。

バーンとォ!一発!

バミも負けてないから。今度こそ本領発揮してるから。

りんどう幼稚園(※1)、園長先生が過保護すぎて困る。
(※1: 防御体力高男を前列に置き竜胆し、防御体力ペラ男とペラ子を後列に配置するフォーメーション)

この体力でお地母を進言に加えるのが、園長先生の保育スタイルです。

竜胆
竜胆
みんな俺の後ろにいてね
白群(びゃっくん)
白群(びゃっくん)
やったぜ。楽ちん楽ちん〜。

気が抜けすぎでは?燃え髪に避けられてるぞ。

紫陽花(アンジー)
紫陽花(アンジー)
お父さん見てて!
榛(バミ)
榛(バミ)
竜胆くん!オレもオレも! 

前に出る男。

竜胆?
竜胆?
出るなっつったろ!テメーふざけてんのか?!
榛(バミ)
榛(バミ)
竜゛胆゛く゛ん゛!゛!゛!
竜胆
竜胆
うそだよ。ごめんごめん。

赤地獄ですってよ。
火葬も手に入れたことだし、冥界の扉が開かれそう。

今度は父親に鏡を向ける紫陽花。
紫陽花はなぜか榛には有寿ノ宝鏡を使わないんだけど何でだろう?
バミの当主としての威厳とは何ぞや。というより、男としてかなちい。
紫陽花の心は榛より、竜胆や白群の方に流れている。

えっすごい高火力!アンジーやるじゃん!
この女、なかなか侮れない。

紅こべが岩のように硬い。初期に逆戻りしたようだ。
朱、小豆、三代目当主・千種が、大江山の紅こべと追いかけっこしていたのが懐かしい。
命がけの追いかけっこでした。

そして紅こべの攻撃をくらったアンジー。
一撃で体力を半分ごっそり持って行かれるの段。
ギリギリでいつも生きていたいからAh〜。

何故に紅こべへ黒鏡を向けるんだ竜胆は。紅こべが強いからか。
”守る”という気持ちが溢れている。
竜胆が何かを望むたびに、何か得もしれぬものを感じてしまいます。

白群は今散弾銃を装備しています。敵が紅こべ単体なので、単発銃に変えたい…。
今回は忘れずにちゃんと持ってきました、単発銃。

改めて、ターン制バトルなのに戦闘中に装備を変えられるなんて凄い機能だと思う。
今まではダメージ確認時くらいでしか使用機会がなかったこの機能。大筒士という職業の登場によって、一気に戦術として起用出来る機能になったと思います。

まあ銃を二丁持ってきているかどうかが鍵なんですけどね!!

よし!いい火力!

取りこぼしはバミが処理します。

処理しようとした矢先に紅こべに逃げられてしまった…。
赤地獄くん!!!!

このナミダ・ナゲキ→未来へのステップだから。

単独で土々呂を避けるアンジーがめちゃくちゃかっこいい。
女拳法家は衣装もかっこいいですからね。おみ足が眩しい。

女拳法家の術のポージングも凄く可愛い。
猫みたいであざとい。

トドメのバミ!いい火力〜〜!

今更ですが同じ職業の男女が同時に出陣しているのは、剣士の初代と朱以来のことではないだろうか。
同職業が同じパーティにいるというだけで、ロマンを感じます。
全員同じ職業だと壮観だろうなあ。と、太秦剣友会を思い出しながら言う。

戦勝点二倍!今こそ使いどきだ。

この男を呼ぶぜ!

源太くんいない…。スクショタイミングよ…。風とともに去りぬ……。

でもダメージは通っていますから!

えい!えい!
初めて前に出てみたアンジーだけど、相手が悪い。
強さの加減がわからない。

紅こべに逃げられたので、戦闘が終了。

同時に10月も終了。
今月は目の前にあるものに手を伸ばしても、捕まえられない月でした。
紅こべにこんなに手こずっているのが悲しい…。

榛(バミ)
榛(バミ)
そういや当主ノ指輪を使ったのに、竜胆くんは普通だ。
榛(バミ)
榛(バミ)
俺の声に応えてくれるんじゃなかったのか?
竜胆
竜胆
…どうしてそう思ったの?”俺”に聞いた?
榛(バミ)
榛(バミ)
相翼院じゃそうだったじゃないっすか!
竜胆
竜胆
そうか、あの時…やっぱりそうなんだ
竜胆
竜胆
でもあれは違う。あの形は望まない。誰かを傷つけてまで…。
榛(バミ)
榛(バミ)
竜胆くんが何言ってんのか全然わかんねえ…!
榛(バミ)
榛(バミ)
オレがアホだからか?!親父たちがいなくなったから、家出したいってことか?!?!!
榛(バミ)
榛(バミ)
竜胆くん!
榛(バミ)
榛(バミ)
オレは竜胆くんが好きだぜ!強いしカッケーし、尊敬してるっす。
榛(バミ)
榛(バミ)
だから勝手にどっかいっちまったりしないでほしい…
竜胆
竜胆
…どこにもいかないよ
竜胆
竜胆
俺は君たちと共にいるよ