六代目当主:孔雀

1023年8月 出陣・鳥居千万宮

 

赤い火なのに何も収穫がないどころか、影縫いの針を使っておきながら宝を持ち逃げされる当主がいるらしい。

先月の敗因は、私が影縫いの針を確定効果だと思い込んでいたことです。

そりゃ説明書きに「未来を保証するものではありません」とは書いてなかったけど〜!確率効果とも書いてなかったじゃん〜〜〜!

稲荷ノ狐次郎戦を諦めた上、絶対的な信頼を寄せて使っただけに、裏切られた感が凄い。

しかも梵ピンがめちゃくちゃ使えそうな術だっただけに尾を引いてるんですが…。
梵ピン……名前も可愛く思えてきたよ……。

いつもはイツ花ちゃん、こんなこと言わないのに。

文脈としてはお店の大売り出し情報の提供でした。
撃沈した孔雀様を励まそうとしてくれているのか…。

さて、白群の息子指南の程や、如何に。

総合するとバミの指導結果と変わりない気もしますが、技の土以外は全て2桁というところが嬉しい。

木枯は今月から実戦入り。

装備はこんなもんだろうか。
強いはずなので、めちゃくちゃ期待してるよ。

ちなみに先月獲得した夢子萌子なんですが、どちらも攻撃に関する術でした。

びゃっくんが夢子萌子両方習得、

アンジーは夢子のみ、

孔雀様は萌子のみとなっています。ややこしいな!

ついでにセール中のお店も覗いてみるか。

そうやって何人の女を泣かせてきたの?ワルイ男…。

鎮メ鬼、3万で売れるのか…。
もっと高価な刀にしてやりたいなあ。

とりあえず、気を鎮めるために宗教部門と娯楽部門に1万ずつ投資しました。

物憂げ美人…孔雀様に最も近しい女……。

割とドヤ顔……飛空大将かよ………。

選考試合などありません。あるのは復讐心のみ。

選考試合を捨てた孔雀様にイツ花ちゃんがエールを…!
これは行くしかねえ!

飛空大将をぶっ飛ばすもとい梵ピンを取り戻すため、孔雀様も前のめりになっています。

孔雀
孔雀
行くわよ!これは復讐の旅!

鳥居千万宮へレッツゴー!

出陣:鳥居千万宮

やったーーーー!二つも赤い火が灯っている!!

孔雀様の猛りが届いている。
もうこれは取るしかない、梵ピンを。

アンジーの技力がついに200を突破した。
これは凄い。

一つ目の赤い火に突入しました。
弓はいいぞ!木枯用ですね。

いいダメージだ!
孔雀様の熱い思いが伝わってくる。

アンジーの回避もいいぞ!
でも木枯が攻撃をくらってしまう。初陣はやっぱりダメージ食らうので怖いですね。
金トラの血火弾が来る前に倒したい。

猛りの会心三連撃!良いぞー!

弓をゲットすると同時に、木枯がレベルアップ。
木霊の弓に技の水土成長ボーナスは無いはずなのだが…上がり幅が凄すぎる。

大筒が来たぞー!白群用ですね。

首切り大将をサクッと倒してゲット!
やっぱ木枯の技水土の上がり幅がおかしい。

2本目の剛鉄弓。
そして、長刀ということは薙刀か。

次のスロットを回したいので、サクッと戦闘を終わらせたい。

それ恐れていた事態。木枯無事か?!

追い討ち攻撃。
もうこの一戦で木枯の体力が…!危ない危ない。

現状と己の力量をちゃんと理解している木枯。

回復回復。

そしてびゃっくんに決めてもらって、

終了です。
木枯の体のステータス、どれも同じくらい伸びていますね。良いことだ。

3本目の剛鉄弓。
今青い火だぞ。法輪の弓欲しいぞ。
一回手に入れると、スロットによく止まるレアというこの現象は何なんだろう。

3本の矢にするか。
今の三家系に持ってこいの逸話。
一人一人は弱くとも、3人で束になれば折れる事なし。
4人いれば、もっと強固になるはず。

というわけでやってきました、暗黒大鳥居。
今回は迷わず来れました。

今月はびゃっくんが道案内したんでしょうね。「何でこんなとこで迷ったの?」とか言うびゃっくんの声が聞こえる。うっせ!うっせ!

稲荷ノ狐次郎戦、行くぞ!

よ、よっしゃああ!!
初めて「コン、コン、コーン」をスクショに収められた………!
音ゲーでPERFECTが出た気分。

稲荷ノ狐次郎は個人的に絶妙に音声セリフと画面の演出のタイミングが噛み合わないと思うんですよね。

どちらも追うと、稲荷ノ狐次郎に惑わされスクショタイミングをずらされてしまう。

そういった心理戦とリズム感を乗り越えた真の勝者のみが「コンコンコーン」を画面に収めることができるのです。
これは並大抵の努力でできることではありません。

ここのスクショを上手く撮れる人、音ゲーが上手いまである。
誇ったほうがいい。履歴書に書ける。

もしくは私がど下手くそなだけ。

稲荷ノ狐次郎でミニゲームをするな。
いやでもこれ半年に一回しかチャレンジできないから…。

初手、二手目土祭り安定。

稲荷ノ狐次郎が的確に孔雀様を煽っている。
孔雀様、そういうのに敏感だから。

梵ピンという攻撃力を高める術を追っている孔雀様。
己の攻撃力を下げられること、誠に許し難し。

萌えとはかけ離れた顔をしながら萌子!
萌子も攻撃力を上げる術です。
おそらく梵ピンはこの萌子の高位術なんでしょうね。

木枯は初陣だからなあ。

武人で孔雀様を支援して。

アンジーも武人!本当は萌子にしたかったけど、覚えているのは夢子なんだよなあ…。

萌子と夢子、名前が混乱する。

初陣なんだからもっと手加減してくれ。

木枯をしっかり回復します。
孔雀様は木枯を棚ぼた要員だと思っているらしい。

白群が孔雀様に鏡か!なんか新鮮。
ステータスは孔雀様の方が良いのだろうか?

これはびゃっくんの現ステ。
土祭りをしたので技の土が上昇していますね。
素で体の火が高いなあ。十分じゃない?

アンジーも見てみよう。
土祭り+野山ノ勲章効果で、技の土がなかなか良いレベル。
攻撃が低い以外は申し分ないかな。

な、723?!?!
2回土祭りしただけで?!?!
孔雀様つよ…。術防御なら孔雀様を写したら良いだけの話では…。

木枯421?!?!
ヤバ…初陣なのにここまで上昇するのか…凄い………。

びゃっくんの言う通りにします。
大人しく孔雀様に鏡。

そろそろ攻撃してみようか。

武人による強化なしだとこんな感じのダメージ。

初陣の木枯、攻撃してみようか。

やっぱり初めてだとダメージはそんなに出ないな。

と思ったら、稲荷ノ狐次郎…眠っちゃったよ……。
木枯何者なんだ?!

そしてアンジーが会心の蹴り。何事もなかったかのようにアンジーがほぼ二連続行動をしている。なんだこれは…?

満を持して孔雀様!

孔雀
孔雀
木枯、貴方結構使えるじゃない。回復してあげたこと感謝なさい。
木枯
木枯
貴女はそこらの当主と違うと見えた
孔雀
孔雀
あったりまえよ!

マジで眠ってるよ、と確認したところでびゃっくんも攻撃に転じよう。
散弾装備なので、単弾に持ち替えます。

さっき取ったツブテ吐きは属性武器だったのか。
土祭りで強化された属性武器の威力が見たい!
散弾ですが、ツブテ吐きで行ってみます。

孔雀様と遜色ないですね!
びゃっくんも孔雀様も土属性武器持ち。土祭りを使用する機会は多いので、一石二鳥です。

さっさと目を覚まさないと死ぬぞお前。

言って攻撃力はこれですが。そういえば木枯も木霊ノ弓装備なので、三人が土属性武器を使用していることになるのか。
こんなに偏ることある?

風属性武器の胡蝶の手袋を装備しているアンジー。
前に出てもらおうかな。

こっちも強い強い!
良いじゃん!みんな強くなってる!

孔雀
孔雀
そして最後はこのあたし!

4人同時レベルアップでフィニッシュ!
気持ちいい〜〜〜〜!

先に進んで拝殿へ。

久々に提灯チャレンジ。
一発で行けました。孔雀様やるじゃん…!

そしてこちらも久しぶりの悪羅大将。
ちなみにこの悪羅大将も、なんとあの梵ピンを持っておりました。
飛空大将じゃなくてもいいのか。

悪羅大将、大江山後だと初めての戦闘なんですが、黒ズズと同じくらい強化されているのだろうか…。

とりあえずぶっ放せ!

チマチマ削るのも大変なので、孔雀様に武人を重ねていこう。

てい!いいダメージだ!

ハードボイルドな悪羅大将に円子は似合わない。己のキャラをもっと大事にしてほしい。

孔雀様以外だと唯一萌子を使えるびゃっくん。

アンジーにも蹴ってもらう。

あっこの配置…!縦列に並んでいないので、七徳にしか攻撃できない…!

槍使いはこういうところも考えないといけないんですね…。

一人残ってしまった悪羅大将。

また眠ってくれないかなあ。

びゃっくんがアンジーにお雫を出していたので、お雫。

それを見ていたかのように孔雀様へ殴りを入れる悪羅大将。

木枯が孔雀様にお雫の進言をくれていたので、ありがたく拝領した。

これが孔雀様の真の力!強すぎる…!

これには鼻高々の孔雀様。

孔雀
孔雀
だけど…あたしが求めているのはこれじゃないのよ……
孔雀
孔雀
これじゃなーーーーい!!!!!!
孔雀
孔雀
コイツよ!
白群(びゃっくん)
白群(びゃっくん)
先月そんなヤバかったの?(コソ
紫陽花(アンジー)
紫陽花(アンジー)
うん…孔雀ちゃん引き下がれないみたい(コソ
木枯
木枯
………

雷電の併せで行く!

木枯
木枯
俺は雷電を見習得の身
木枯
木枯
矢で風向きを掴んでやろう
孔雀
孔雀
へー考えるわね

その矢を追うように雷電!

そして最後に孔雀様の突き!

何で木枯成長しないんだよ!

孔雀
孔雀
あたしの戦い、見てたでしょう?
木枯
木枯
存分に見た。先を急ごう。梵ピンが貴女を待っている。
孔雀
孔雀
え、ええ…そうね!

その前にお宝をくすねる。
万金露ありがてえ〜〜!

鈴を手に入れました。
「祝い」ということなので、これから本戦の孔雀様を応援してくれているのだろうか。

待ちわびた赤い火に突入しましたが、違うんだなあ〜これが。

逃げるんだな〜これが。

でも今、赤い火によって飛空大将が周りにワープしてきているんですよ。飛空大将を探す時間が短縮できたってことなので、これはもう勝ち確ですわ。

絶対梵ピンを取り返してみせる。

不退転の槍?良い名前の武器!

不退転というと初代の名を継ぐと言った、鳥居千万宮で赤い火大好きになった二代目当主・蘇芳のことを思い出す。

あれから何代も世代交代を重ね、いま孔雀様という六代目当主の前に「不退転」の言葉を宿した槍を授けようとする。赤い火とともに。

これはもう梵ピンを諦めるわけにはいかない。
蘇芳が言ってるんだ、「梵ピンは貴女のものよ」って。

孔雀
孔雀
私に相応しい武器ね。梵ピンの前哨戦よ!

と言いながら、さっきの飛空大将に逃げられたので、もう一戦。
…これヤバくないですか。
赤い火が終わってしまうのでは…?

早く終わらせたい…でも不退転の槍は欲しい…。
びゃっくんが前に出て全方位射撃。

 

アンジーと木枯は孔雀様に武人。

孔雀様は自分に萌子。
もっと猛りを…!

燃えている孔雀様を的確に選択するかしこい狐。

もう一度武人で高めておこう。

あー雷電!
それの相手してる場合ではないんだ、

木枯が射る!

びゃっくんが撃つ!

孔雀様が突く!

槍と兜をゲット!

孔雀
孔雀
次!梵ピンよ!梵ピンを取り返しに行くのよ…!
孔雀
孔雀
そのためにここに来たんだから…!

終了。

木枯
木枯
やはり孔雀様はそこらの当主とは違うらしい

的確な煽り。

赤い火二つ灯っておきながら、梵ピン取れない当主がいるらしい。