六代目当主:孔雀

1023年9月 出陣・忘我流水道

梵ピン取れなさすぎて死にそうな孔雀様が元服しました。
梵ピン将軍……。

今の孔雀様に残されたものは塩しかない。

もうダメだ…おしまいだぁ……。

親王鎮魂墓か……。

孔雀
孔雀
梵ピン…飛空大将…ウッ……
白群(びゃっくん)
白群(びゃっくん)
ダメだこりゃ

今月どうするんですか。

孔雀
孔雀
梵ピン……梵ピンが欲しいわ……
木枯
木枯
孔雀様、空気を入れ替えよう。同じことをしていても一層迷宮にハマるだけだ。
孔雀
孔雀
そうね…たまにはガラッと変わったことをするのも良いわね……

鳥居千万宮に行きすぎて逆にね?
押してダメなら引いてみる作戦です。

で、代わりにどこ行くというかと言いますと。

孔雀
孔雀
忘我流水道よ。敦賀ノ真名姫を倒しに行くの。
紫陽花(アンジー)
紫陽花(アンジー)
えっ……
白群(びゃっくん)
白群(びゃっくん)
真名姫って……
木枯
木枯
本気か?
孔雀
孔雀
本気よ。ガラッと空気を入れ替えるって言ったじゃない。
孔雀様的ムカつく敵ランキング

1位.飛空大将(殿堂入り)
2位.軽足大将
3位.黒ズズ大将

敦賀ノ真名姫はどこにも入ってないんだよなあ。

孔雀
孔雀
あたし知ってるわよ。白群と紫陽花…
孔雀
孔雀
貴方たち、あの人魚にボコボコにされたそうじゃない
孔雀
孔雀
聞いたところによると、あたしのババ様に命を拾ってもらったとか
紫陽花(アンジー)
紫陽花(アンジー)
それは…その通りだけど…
白群(びゃっくん)
白群(びゃっくん)
それが何
孔雀
孔雀
悔しくないの?!
あたしはめちゃくちゃ悔しいわよ!
孔雀
孔雀
飛空大将をボコボコにするまで、あたし絶対死ねないわ!!!
木枯
木枯
飛空大将も災難だ
孔雀
孔雀
これは復讐の旅よ。貴方たちの…。
孔雀
孔雀
白群、紫陽花。敦賀ノ真名姫に完全勝利なさい。あたしはそれを飛空大将に重ねて悦に浸るわ。
木枯
木枯
それは如何なものかと
孔雀
孔雀
おだまり!
孔雀
孔雀
でも選ばせてあげる。あたしは優しいから。
白群(びゃっくん)
白群(びゃっくん)
……
孔雀
孔雀
敦賀ノ真名姫の元まで行くの?行かないの?どっち?!
紫陽花(アンジー)
紫陽花(アンジー)
私は…!
白群(びゃっくん)
白群(びゃっくん)
行く
紫陽花(アンジー)
紫陽花(アンジー)
びゃっくん…
白群(びゃっくん)
白群(びゃっくん)
俺は行く。あんたも行くでしょ。
紫陽花(アンジー)
紫陽花(アンジー)
うん!
孔雀
孔雀
じゃあ決まりね。絶対に死なせないから、そこだけは安心して頂戴。
木枯
木枯
物凄い自信だが…秘策でもあるのか?
孔雀
孔雀
そんなの無いわ。でもあたしが勝つって言ってるんだから、負けるはずがないのよ。
木枯
木枯
これは楽には勝てまい

というわけで、敦賀ノ真名姫様へ挑みます。
前は1月に戦ったので9ヶ月ぶりです。
流石にこちらも警戒して向かうため、前回のようなことは起こらないと信じたい。

前回の真名姫戦。
端的に言うと、真名姫によって白群と紫陽花が落ちたものの、御玉で復活して勝利しました。

────ええんか、それで?

よくなーーーい!!!

あれからずっとモヤモヤしていました…。
こんな気持ちのまま、びゃっくんとアンジーの寿命を迎えることなんて出来ない。

月寒お涼様という女神様に救われた二人。

それは序章で太照天夕子様に命を拾われた初代のよう。

神様が一族に与えて下さったのは命だけではない。
運命を乗り越えるチャンスを与えてくださったのです。アーメン。

そのチャンスを持ってしても、初代与一は自分の力で復讐を果たすことは叶わなかった…。

でもびゃっくんとアンジーは違う。今行ける。
もう一度真名姫様と戦い、自らの運命に決着をつけてもらいましょう。

びゃっくん達にとっても、朱点童子が宿敵では?
今は黄川人くんよりも、飛空大将と真名姫に復讐の炎を燃やしている一族なので…。
黄川人くんは大江山でラーメン屋でも開いて待ってて。ラーメン。

真名姫戦で怖いのは、やはり真名姫。
前回陥落したびゃっくんとアンジー。
バランス型のバミと比べ、体力と防御力がなかったことが問題でした。

しかし今のびゃっくんの体力は470。
そして技の土が150程、技の水も前回に比べ少し上がりました。

これは前回の討伐時の画像。
このスクショの後、一回レベルアップしていますがさほど変わりません。
その値でびゃっくんは前回の戦い、一度は真名姫を耐えています。

じゃあ今回は水祭りさえ気をつければ問題ないかなって。

アンジーは体力こそ劣るものの、技の水は抜群に高い。びゃっくんの倍はあります。
真名姫耐性は前回よりも付いているはずです。

体力も前回のびゃっくんレベルには追いついているので、土祭ればいけるでしょう。
水祭り?そんなものはない。

孔雀様は絶対安全だと思います。体力も技土も申し分ない。
春菜も使えますし。

技の水土は完全にアンジーの逆転版です。
技の土が属性全方位をカバーするのなら、技の水が多少低くても問題ないのではないかと思います。

地味に怖いのが木枯。前回、体力が300台のアンジーが一発で落ちたので割と危険。先月初陣を終えたばかりだしね。

ですが、技の土は初期値でびゃっくん&アンジーの倍近くあるので、土祭りをすればいけるんじゃないかなあ。技の水も高いし。

そして木枯にはひとつ得意がありまして。
春菜が既に使えます。

孔雀様と木枯で春菜をすれば、真名姫で削られた体力の回復にも余裕が生まれるのではないでしょうか。

万金露も手持ち全部詰め込んで行くので、回復は安定するはず!

御利益を上げるために宗教部門に投資して、ワンランク上げておきました。

行くぞー!
対真名姫戦、リベンジマッチだ!

親王鎮魂墓ってここかあ。

出陣・忘我流水道

黄川人くんだ。おとぎ話を語ってくれています。

不穏な気配。

お、踊り食いは・・。
この辺に関しては何も言いません。

その点は否定しない。
でも最初にナマコを食べようと思った人は、ちょっと頭おかしいんじゃないかと思ってしまう。

黄川人くんはいつも「人は愚か」「学ばない」という話を迷宮の神様の逸話になぞらえて話しているけれども、そういう話をする黄川人くんが一番人間味があると言ったら怒るのかなあ。

チマチマと戦勝点を稼ぎ、まずは木枯がレベルアップ。
体力を出来るだけ400に近づけたい。

万金露ありがたーーーーい!

戦勝点2倍!イイぞ!

と言いながら、白群の発砲が後ろのカエルに通らなかったので…

せっかくの戦勝点2倍が…!
びゃっくん、真名姫と再戦したいと言いながらも、身体が強張っているのだろうか。

モリメの衣!
これは軽装備かな?びゃっくん用だろうか。

無事確保。

女専用装備だったので、アンジーに装備。
バミの榊の胴丸だけど…むしろバミには生まれ変わったアンジーを見てほしい。
そこで見ていてね。

めちゃくちゃ良いラインナップ!

さっそく手に入れた体水薬を木枯に使用します。

これで体力が400に乗った!

は?真名姫を知らないからってナメてるでしょ。

そして孔雀様がレベルアップし…

隊全体の体力を整える。

各人が使用できる術を確認する。

隊列の確認。

赤い火が宿っていたのです。ここで真名姫様に挑戦せず、いつ挑戦するというのだ。

紫陽花(アンジー)
紫陽花(アンジー)
いざここに来ると…やっぱり少し…

そりゃないし、そんな経験したくもないけど、ここにあなたの真名姫で意識があったまま溺死した人間が二人もいるんですよ。

真名姫様は人魚だから意識明瞭のまま溺れ死ぬなんて、したことないでしょ?
メッチャクチャ苦しかったと思う。

そうなんだよね。見た目は人なのに、厳密には一族は半神なんだよ。
むしろもう人の血の方が薄い。
だから、あんなに苦しい思いをしたのに、神様の力で復活できた。

完全に死んだはずの命だったのに…生きているからこそ、トラウマとして心に残る。
ふとした時に蘇る。

でも人生はそれだけじゃないって、バミが言ってた。

そう、どれくらい苦しかったか、痛みを残したか、教えてあげる!!
一族にとってはとても長い9ヶ月という月日の思いを、真名姫様に返してあげる!!!

これは復讐の旅!
因縁の戦い、開幕!!!

びゃっくん用の銃だ!
しかも戦勝点2倍だなんて、これは一族への風向きが良い!

びゃっくんの光無しが輝いて見える。これで真名姫を封印したいんだろうね。

打倒真名姫に向け、めちゃくちゃ考えてたんだろうなあ。
でも今は体制を整える。

土祭りで術耐性を上げます。

既にアンジーが孔雀様への鏡を…。
そしてずっと練習しているお得意の雷電。
でもまだその時ではない。

土祭りで再び技の土を上げます。

地味にアブナイ位置にいる木枯。
ここでステータスを確認します。

孔雀様のステータスです。
技の土が800に乗っています。これは強い。

この孔雀様のステータスを、一族みんなが有寿ノ宝鏡で写していく。
それが今回の戦闘を乗り切る作戦。
勿論、鏡を使う筆頭は木枯なんですが…。

542も技の土があったら、わざわざ孔雀様を写さなくてもいいような気がしてきた。
その分空く1ターンを別のことに使いたい。

ちなみにびゃっくんとアンジーはこんな感じ。
安定思考なので、この二人には有寿ノ宝鏡を絶対に使用して欲しいところ。

とりあえず、もう一度土祭りをして技の土を上げに上げまくるぜ!
と思ったのですが、既に上昇値がカンストしていたらしく…ゼロ上がりだったよ…。
1ターン無駄にしてしまったよ……。

じゃあこの辺で力士水を使おう。

これは前回の反省。
武人では攻撃力を上昇させるのにとても手間取りました。なので、今回は力士水で対応していく所存。
と、ここで気づく。

有寿ノ宝鏡、一つしか持ってきてねえ……。

誰?三人で鏡使うとか言った人。
ガバガバプレイか?

力士水で全体の攻撃力が上がったぞ〜!

通常攻撃された木枯を回復する。
真名姫ではなかったので、まだ猶予が残されている…!

と思った矢先にこれだ。
さて、どうだ?!?!

ひょおおおおお耐えたああああああ!!!!!

感動している…もう勝った気になってしまった。
早まるな。
まだ真名姫様に一手も攻撃していない。

改めて見ると木枯は普通に耐えています。
びゃっくん、アンジーは厳しいところ。
鏡を使うならこの二人のどちらかを選びます。

今は万金露。

そして孔雀様の春菜。

春菜ってすごい術なんだな、と今認識した。
万金露より回復するんだ。

そしてお地母が進言にあったので、

父上に…お雫?!
何で?!?!(私にもわからない)

おそらくお地母だとびゃっくんが回復しきれないと思って春菜にしようとしたところ、お雫が目に入ったのでそっちを選びました。(は???)

戦前の術のチェックとは何だったのか。

ガバっていましたが、真名姫様のご慈悲で助かりました。
真名姫じゃなくて良かった〜〜!真名姫ならアンジーは落ちてた。

そんなアンジー。自分より木枯の回復を優先します。
多分、バミならこうしたと思うから。

ここに花乱火という一族の復讐を象徴する術を入れてくれるあたり、びゃっくんの意気込みを感じる。

今はアンジーの回復を優先。

そして高められた孔雀様の攻撃!回避!!

木枯
木枯
孔雀様…
孔雀
孔雀
ムキャああああ!!!

真名姫様を倒すための手数が増えてしまった……手数が増えるほど、致死率が高まる……。

くららを使ってみます。
鏡がない上、これまでに2ターン無駄に消費しているのでこれで行く!
強い敵は眠らせてしまえばいいんだよ!

そんなに上手くいかないかあ…。

再び真名姫!

アンジー…………!!!!!
凄い!アンジーが回避している!
真名姫の突破口を見出そうとしている…!

万金露を使っていこう。

びゃっくんも万金露。

そして春菜で復帰。

通常攻撃やさし〜〜!

お雫一回で済む優しさよ。

七光の御玉…アンジーの母親は春野鈴女様です。
確かに、頼れば真名姫様と女子トークしてくれそうだけど…。

自分たちの力で勝ちたい。

ちなみに前回の真名姫戦後教えていただいたのですが、御玉のアレはランダム回復効果だったそうです。そして、それに相当する復活術は無いそうです。たまげたなあ。

光無しで術を封印したいな。

こっちも上手くいかないか!

手番はびゃっくんへ。
鏡をあれだけ孔雀様へと向けていたんだ。
ただ一つの鏡はびゃっくんに使用。何をしてでも勝つ。

そのびゃっくんに応えるために、孔雀様が槍で貫く。
ですがこのダメージってこれ…もしかしなくとも、力士水の効果切れているのでは…?

力士水を無駄にしてしまった…。
一つしか持ってきてないのに…敗北者…。

仕方ないので萌子でいきます。

それより力士水の効果が切れているということは。
力士水の前に行った土祭りの効果は既に切れているのでは?
ヤバイヤバイ…。

急遽アンジーに再土祭りをしてもらいました。

三度目の真名姫!

今度は孔雀様が回避しています!
ガールズの目、良すぎない?

そんな孔雀様を写したびゃっくんも、先程以上に余裕を残して耐えております。

忘れてたけど、もう万金露が無いんだ…。

お地母で回復します。

びゃっくんもお地母で!
白浪を入れていてくれるのは、2月に鳥居千万宮へアンジーと二人出陣したときのこと思い出させます。

あの時「水が怖い」と言ったびゃっくんが、今まさにその相手とこうして対峙している。

孔雀様と木枯の春菜で復帰。

通常攻撃だったので、また猶予が生まれました。

びゃっくんかアンジーに武人を積むか迷いましたが、ここは孔雀様で!

この孔雀様という女がいなければ、二人ともここに立ってないからな。
この隙を見て、攻撃に転じよう!

アンジーがくららを進言に出している。

もう一度挑戦。真名姫を封じたい。

けど、今回も失敗したので水祭りをされる…。

マズイ、水祭り無しの真名姫でギリギリなのに…。
早急にカタをつける必要がある。

白群…ついに撃てるよ。

えいや!
攻撃力とかそんなの関係ない。
もうただリベンジしたいという思いの塊です、この弾は。

木枯は萌子で孔雀様をもっと高めていこうか。
この戦、孔雀様の飛空大将への怒りを鎮めるための戦でもある。
スッキリしてもらわないと…。

そしてアンジーの殴り!
と、ここで三度目のガバ。
つい連打してしまいました。だから、アンジーが前に出ています。

本当に真名姫やめてください!お願いします!何でもしますから!

孔雀様に行ってもらうしかない。

孔雀
孔雀
白群!貴方も何とかしなさいよ!復讐はどうしたの!?
白群(びゃっくん)
白群(びゃっくん)
え、俺はもう十分なんだけど
白群(びゃっくん)
白群(びゃっくん)
だから…これは礼

先程アンジーは自らの傷よりも先に木枯を回復していた。
だから、これは木枯の恩返し。

アンジーは後ろに下がって孔雀様へ武人。

紫陽花(アンジー)
紫陽花(アンジー)
孔雀ちゃんありがとう!ここまで連れてきてくれて…
紫陽花(アンジー)
紫陽花(アンジー)
私の力を使って!
孔雀
孔雀
白群といい紫陽花といい……なに満足してるのよ!
孔雀
孔雀
ちょっと攻撃して、それで終わり?!
孔雀
孔雀
そんなの真名姫が許しても、このあたしが許さないわ!!

猛る孔雀様の攻撃!これは良いダメージだ!

白群(びゃっくん)
白群(びゃっくん)
あんたってさ…めちゃくちゃだけど…
白群(びゃっくん)
白群(びゃっくん)
そういうとこ、やっぱバミに似てるよ
紫陽花(アンジー)
紫陽花(アンジー)
うん…バミくんなら、そう、恐れを振り払い前に立っていたの
紫陽花(アンジー)
紫陽花(アンジー)
こうやって!

ああ〜!アンジーの会心の攻撃が強いなあ!

木枯もどんどん射っていこう!

木枯
木枯
棚ぼた、狙ってたんだろ?
孔雀
孔雀
そうよ。でかしたわ、木枯!
孔雀
孔雀
白群、紫陽花よくやったわ!貴女たちの力、無駄にはしないわよ!
孔雀
孔雀
オラアアアアア!!!梵ピンよこせえええええ!!!!!

おっ……

紫陽花(アンジー)
紫陽花(アンジー)
勝てちゃった…
白群(びゃっくん)
白群(びゃっくん)
俺たちが……勝った………
木枯
木枯
お見事
孔雀
孔雀
当然の結果ね
紫陽花(アンジー)
紫陽花(アンジー)
びゃっくん、私がんばったよ

紫陽花飛天脚…「アンジー飛天脚」とでも呼ぶか。

天才青磁に次ぐ奥義の習得者が、まさか彼の孫である素質最弱だったアンジーだなんて。
しかも因縁の相手、真名姫を倒した後に編み出すなんて……。
すごいな。努力は必ず身を結ぶんだ。

白群(びゃっくん)
白群(びゃっくん)
本当に…がんばったじゃん、”アンジー”
紫陽花(アンジー)
紫陽花(アンジー)
…!えへへ、びゃっくんも

あの子たちって誰だ。
前回は気にする余裕もなかったな。

バイバイ真名姫様。
びゃっくんとアンジーは前に進んでいく。

思わずステータス画面を確認してしまう。
喜びが隠し切れない。
良いなあ奥義。使ってみたい。

先が氷になっている…!

店の前で落ち込むタイプのラーメン屋の見習い黄川人くんだ。

確かに不思議な縁を感じる。
フサフサの髪を捨てた黄川人くんと、髪のないハゲ木枯という対比に。

突然友人認定されちゃった。さっき黄川人くんをアゲにアゲたからかな。
孔雀様はこういう煽りに対しては耐性強そう。

竜胆じゃん。まさかここにいたとは。

半分ってことは黄川人くんは相当強いってことですよね…真名姫様で四苦八苦してるんだぞこちとら…。

じゃあ竜胆ではないな。ノー竜胆。

意味がわからないオブザイヤーは、今年も黄川人くんがノミネートされてしまうのか…。

あっ紅こべじゃん!
氷の道が綺麗で良いですね。

紅こべとランデブーする直前で終了。
見つめあーうと素直におしゃべりできなかったために……。

がんばったよみんな。
バミ、見てるかな。