六代目当主:孔雀

1024年2月 出陣・紅蓮の祠

当主主導で新しい術やら何やらを覚えて今後の力にしていこう。

と言った矢先に、孔雀様だけ術習得なしとはどういうことですねん。当主の威厳……。

頑張って術を覚えた一族のうちの一人・相思は先月逝去したびゃっくんこと白群の指導をたまわっています。

風を全体的にあげてくれたのはびゃっくんらしい。

そして相思が初陣!
壊し屋は四代目当主の柿以来なので、めちゃくちゃ楽しみです!

同時に木枯が元服しました。

こういうコメントがあるのは、二代目当主の蘇芳以来では…?
イツ花ちゃんが当主の「道具」であることを自負する木枯の成長を見て「安泰」と言っている。木枯の実力を認めているのでしょう。
そんな木枯は天界のどの女神様と似合いかと物差しで測っている感じが、なんかグッときました。

相場屋に豆が…って木枯の元服タイミングに合わせないで。
来訪時に煮豆ボーイと言ったフラグがここで回収されるとはな…。

もうすでに米、塩と二回負けてますからね…。大損ぶっこくならまだいいけど、手数料分のみの敗退なんて惨めすぎるのだ。

とりあえず見てきます。

豆は初期値が高すぎて賭ける気が起きないぞコレ〜。
根本的に相場屋との相性が悪すぎる。

塩は「星彦様の粋な心遣い〜アンジーの恋心発覚編〜」まではめちゃくちゃ高かったんだな。
京の民もびゃっくんとアンジーの恋の行方に涙したのでしょう。塩が足りすぎて、今月大暴落しています。

これは先月びゃっくんとアンジーが逢瀬を果たした「未来へ駆けるゼ 静匁木大橋」。
橋の先にある建物が医療所っていうのがまた…。びゃっくんもここで容態を見てもらっていたのだろうか。河原で遊ぶ相思を連れて。

ちなみにこの医療所、一族の屋敷とめちゃ近い。四代目当主で薬草摘みが得意だった柿も入り浸った医療所だと勝手に思っています。脳内設定です。

討伐中に摘んできた薬草をひっそりと収めていたんでしょうね。大江山で真の鬼を解放したことへの、せめてもの罪滅ぼしです。

さて、大江山で終わらなかった芸人・柿、路考、竜胆の後継の一人であるアンジー。
少女だった女の寿命が心配になる今日この頃。

六代目当主の孔雀様の交神もまだなので今月行うべきか悩みましたが…奉納点が欲しいので、今月は出陣することにします。
ていうか孔雀様、先月お誕生日だったんだよね。お祝い要素皆無だったね。
今月から生まれ変わるのよ!

というわけで、出陣です!
六世代目が全員揃った初めての出撃!

イツ花ちゃん!今日からの孔雀様は見違えるようになるから!

景気付けるために紅蓮の祠に向かいます。出撃するのは一年ぶりです。
相思が初陣なのでね。ここで、バーンとォ!空気を壊してもらいましょうよ。

出陣・紅蓮の祠

青い火です。

そーしくん初レベルアップ。
技の風が高いのはネギの大槌のおかげですね。
壊し屋は技が伸びないのが恐ろしい。

玉虫の羽織に気を取られていると

首切り大将の土々呂が!
相思無事か?!

相思が思ったより耐えていてびっくりした。
そして孔雀様、前衛なのに誰よりも被ダメが少ないので流石と言わざるを得ない。

技の土ゼロ…。
これは土の申し子・孔雀様が許さない。

孔雀
孔雀
相思!貴方やる気あるの?!
相思
相思
あるある!大アリ!

木枯の方がやる気満々だった。本当奥義好きだな…。
木枯の奥義は一討伐に一回が限度ですね。孔雀様と木枯の妥協点です。

そしてレベルアップする相思。
今度はちゃんと技の土が伸び伸び。

力士水が二個も!嬉しい!
前回の真名姫戦で一個無駄にしたので、この力士水は大切にしたい。

アンジーが前に出てる時限って芭蕉嵐を打ってくる賢い燃え髪〜!
アンジーの技の風は抜群に高いから、それほど恐れることは無いと思うけれども…。

これ面白いですね。アンジーと孔雀様が同ダメージって。

アンジーは技の風水が抜群に高いが、技土が低い。

孔雀様は技土が抜群に高くて、それ以外は軒並み低いです。
今回の燃え髪の芭蕉嵐で術の属性と耐久の相関関係がよりわかったぞ〜。
数字は嘘をつかない!

素質バーとかいう嘘情報、マジで人生を左右するからやめてほしい。
木枯の技の土、技の水に近いくらい成長してもよくない…?
水属性の弓、一周回って紅蓮の祠に落ちてませんかね…。

これは相思の初進言。周りを見ていますね。
自分に出来ることの中での最善を尽くそうとしている。

初殴り!ヒット!
良いダメージ!やるじゃん!

技の土がゼロの執行人…。技が伸びずに体が成長してるのを見ると、元気いっぱいボーイに見えてきた。

怒涛の玉虫の羽織のターン。
ここに来るまでに既に3羽織入手しているのにまだ羽織るか。
十二単が出来てしまう。

もう入らない。十二単にする前に携帯袋に入らない。

玉虫の乱獲、いけないと思います。

森へお帰り…。

やっと玉虫の羽織以外の物と出会えた。
それだけでHAPPY!

黄色文字の物なので、大将から狙っていく。

何考えてんだ木枯ーーーー!

木枯
木枯
俺から相思への試練だ
相思
相思
いらね〜〜〜!

相思にかかってるんですよ?!
これ外したら逃げられますよ多分!

当てたああああ!!!!

そしてやったーーー!!!!

相思
相思
ブイッ!母さん見てるか〜?
紫陽花(アンジー)
紫陽花(アンジー)
見てるよ〜
孔雀
孔雀
木枯…見ていて肝が冷えるわ
木枯
木枯
これも孔雀様の為だ。相思には実践を積ませ、一刻も早く強化するべきだろう。
孔雀
孔雀
そうね…まあアイツ初陣だから、程々にしてやりなさい
木枯
木枯
ああ、俺が育て上げよう

相思を兵に育て上げる算段の木枯ニキ。

そんなことはつゆ知らずの相思、めっちゃ体の伸びが良くて嬉しい。イツ花ちゃん曰く良く食べる子らしいので、身体が良く育つんだろうな。

寝太郎とかいう実質甘い誘惑。

孔雀様だけ眠っちまったんだなあ…。
金トラの誘惑かあ…たまげたなあ……。

相思
相思
大将、起きて起きて〜

アンジーのキックで終了。
装備を見直します。

相思の武器を、ネギの大槌から岩清水ノ槌に変更。

さっき取った真紅ノ爪は火属性の武器だそうです。やったね。
でも攻撃力は胡蝶の手袋より劣るのか…。

アンジーのステータスは技の火よりも技の風の方が高いので装備変更はしません。
よしこれで完璧。準備はOK。

孔雀
孔雀
来なさい!鳴神小太郎!

シーン…

木枯
木枯
一本、道が違うようだ
紫陽花(アンジー)
紫陽花(アンジー)
孔雀ちゃん、敦賀ノ真名姫様と勘違いしてない?
孔雀
孔雀
そういえば鳴神小太郎は人魚じゃなかったわね…。つい溶岩から現れると思っていたわ。
相思
相思
溶岩から?!それ燃え尽きてね?!

 

鳴神小太郎と敦賀ノ真名姫を間違えました(致命的なミス)

ボス名テロップが表示されていたからしばらく待っていたのに、小太郎が全く登場しなくて焦りました。正気か?
紅蓮の祠の熱気で頭がやられていたのでは…。

おまた〜〜〜。

ほぼ真名姫みたいな見た目をしておいて、何で溶岩から登場しないんだよ、紛らわしい。
うっかり騙されたぞ。

体火薬はありがたいですねえ!

いつもの初手土祭り。

木枯どうするよ。
土祭りしなくても良さそうなんだけど…。

データを取らせてもらう。
信じられるものはデータだけ。

相思が一番危ないんですよね。技の火2桁だし。
第一次敦賀ノ真名姫戦の紫陽花みたいに一撃死する確率95%(適当)

鳴神小太郎は強力な火の術をふんだんに使うので、やっぱり術耐性を上げたい。
となると火祭り…ではなく、土祭りですね。火属性武器を装備している人がいないので土にします。

双火竜!孔雀様、どうだ?

300ダメージ程です。これは連撃されない限りは大丈夫そう。

アンジーは術耐性が低いので、その白鏡の進言はめちゃくちゃ分かる。
ちなみにこの白鏡、有寿ノ宝鏡と同じ効果を発揮するそうです。
有寿ノ宝鏡は白鏡を覚えていない一族に使ってもらうのが良いかなあ。

ここは円子で。

術に防御が効くのか分かりませんが、間違ってない進言だと思います。夏狂乱が怖いんですよね…。
だけど防御よりもこっちをしてほしい。

というわけで、おそらく技の土が900近くに上昇している孔雀様を有寿ノ宝鏡で写します。
これで鏡効果の切れ目を確認しながら戦っていれば、相思が死ぬことはないはず。

とりあえず萌子なしの一撃!
すごい。200越えた。やっぱ紅蓮の祠大好き。

木枯は白鏡が使えなかったか。安定の孔雀様を慕うムーブをする。
木枯は孔雀様を写すと逆に弱くなるまであるというのに。

ここは孔雀様に萌子で行きましょう!
当主を支えるのが従者の役目ゆえ…。

花乱火は怖いよ?!

あっこれ、木枯がずっと花乱火を進言に入れていたのは、小太郎が花乱火を打ってくることを示唆していた説?!
マジモンの”進言”じゃないですかあ…。

すっごい孔雀様。土の力だけで耐える女。
紫陽花の父こと、孔雀様の師匠・竜胆並みに耐えている。
師が鉄壁の男なら、弟子も鉄壁。

アンジーだけは前回の鳴神小太郎戦を知っているから、孔雀様に父の影を見ているかもね。

相思どうしよう。
術も何も覚えてないので、正直何をして貰えば良いのかわからない。
想思に経験を積んでもらいたいだけの戦だから、そこに立ってるだけでも良いんだけど…。

綿津見の符でも行こうか。
意外といい線いくんじゃないか。

木枯ニキ的にオッケーですかコレ〜?及第点ですかそうですか。

アンジーが速い。再び手番を勝ち取る女。
ここは奥義行きたいけど…進言に出てるのは前列か。
アンジーのステータスを思うと後列から奥義を使いたい。
だけど、進言却下したくないなあ。

いいや!前に出て奥義を打ってもらおう!
俺はたった今からデータを捨てる…!

跳躍するアンジーが華麗!
これは蝶。蝶の舞。10点!

何で二人巻き込もうとするんだ!
待て、小太郎!話せばわかる!!
アンジーーー避けてくれーーーー!!!

アンジーってやっぱすごい。

耐えきったらこっちのもんです。
孔雀様はそのまま攻撃!
1萌子でこんなに火力が上がるのか!

孔雀様が相手との戦い方を理解すれば、己の進言に奥義を出す男・KOGARASHI。

ここは回復優先よ!
孔雀様と木枯のお互いのプレイスタイルと思いが噛み合わなさすぎる。

孔雀様の梵ピンへの執念が、二人の細かいところを遮ってたんだなあ。あの時は完全にお互いの利害が一致していた。
孔雀様が傍若無人の主人から急に『人』になるから…そのトリガーは木枯だったんですが。

いや、孔雀様は生まれ変わるんで!

アンジーにはもう一度後列に下がってもらって、孔雀様に萌子!

ここで花乱火か!
アンジー下がって正解だった。

相思は円子を覚えていないので、お雫で孔雀様を回復します。
相思はなんだろ、ノリでお山の大将について行ってるんだろうな。
勝手に孔雀様を「大将」って呼んでる。

木枯に笑ってしまう。
さっき孔雀様が木枯の奥義進言を採用しなかったから、またさっきと同じ、当主を分からせにくる進言を出してきた。

「孔雀様。俺に奥義を撃たせ、その後紫陽花殿に円子を指示すれば良かったのでは?」と…。

う、うるへ〜〜〜〜!

アンドゥトロワー。10点あげちゃう!

これは採用したい進言。

印虎姫ー!
軽足大将に苦しめられた印虎姫ーー!

豪雨の中の鳴神小太郎、風情があっていいな。イ◯スタ映えしてる。

これは強い!会心の一撃!

やったぜ。親子揃ってレベルアップ。
仲よさそうだもんね。
だけどアンジーはもう体が全く伸びなくなってしまいました。

2月の終わり。

バミ世代が終わりを迎えようとしている…。