髪斬り抜刀編

1025年2月 出陣・九重楼

木枯によるアヤメの指導結果です。
さすが木枯。かなり良い。

その木枯も、今月でお別れですね。

改めて見てもこの技水は凄い。
999がカンストなら、847は実質カンストです。

漢方を飲んで

今月もアヤメの指導をお願いします。

店頭に並ばなくなった仁王水…。大問題です。

なんせ、仁王水の在庫がこれだけしかない。あと携帯袋に数個あって、それで全部です。マズイですよ!

そうか…何ヶ月も店頭に並ばないこともあるんだな……。

今月もこの三人で出撃です。

行き先はここ、九重楼。
何年振りだろう。大江山後に一回来て、それ以来一度も足を踏み入れていません。

今回はここの髪を倒しに行きます。
ですが、髪の前に太刀風・雷電五郎を倒さないといけません。

三ツ髪、二ツ髪へ直通で行けたのはただのラッキーでした。今月からボスラッシュになると思います。仁王水…在庫が無いんだが………。

出陣・九重楼

赤い火だ!
杏さん当主着任後、初めての赤い火です。

相思がレベルアップしました。
心の火も0になったのかあ…。

雨が降らないままこの坂を終えるのは初めてかもしれません。

開門!

雑魚敵の火術にこんなにダメージを食らっているのを見ると、頭が痛くなる。

いずれは紅蓮の祠に行かなければならない。大好きな紅蓮の祠ですが、技火と技土がダメな杏たちを連れて挑むのは……今から気が滅入ります。

雷獅子!これは印虎姫の上の術かな?

赤い火が終わらないうちに五郎さんたちに挑みたい。
三人しかいない上に、大ボス+髪を相手にする予定なので、技力と道具の温存が重要になってきます。

雷電五郎氏が喋った!!

ファンです!サインください!
話は意味がわからん!

どういうこと?イツ花ちゃんが噛みつかれたの?

人間の業って何?新しい血って何?

ニューフェイスマジパネエって話なら、どちらかというと天界の新時代を切り開いた昼子様の方に当てはまる言葉じゃない?

マジでみんなから畏怖されてるんだな…。

お手柔らかにお願いします。出来れば技力をあまり使わなくていい方向で………。

魔手肝掴み、良い名前だなあ。

初手ジャブ!先手取られた!

やはりこの二人は竜巻と落雷のコンボが怖い。柿当主時代はそれに泣いた。

風祭りが使えない相思と杏は土祭り。

みるみるは風祭りが使えるので風祭りで。

来た〜〜〜竜巻〜〜〜〜。

これだけならまだ壊滅レベルじゃないな、良かった……。

優しい〜〜!日頃雷電を崇め奉っていた甲斐があった。

竜巻?!順番おかしくない?

春菜で回復して風祭りしました。
髪戦に取っておきたかったけれども使った方がいいな…力士水を使います。

来たーーーー!!!

やっぱり強い…!
この落雷だけの威力ならまだマシなんですが…

それに竜巻が加わる事で凶悪になります。
この連携された時の凶悪さと、それぞれの術の威力のバランスの良さが凄い。

それはともかく、相思がヤバイですね。春菜で回復します。

技風4桁あってもこんなにダメージを食らうのかあ。技土って重要だな。土祭りの方がいいのかな?

ありがとうございます!
これは奉る。一生奉る。パンチに感謝。

疾風剣を使います!

あっ竜巻キッツ。

技力の温存とか言ってられないくらい、敵のコンボが強い。

太刀風五郎動きますねえ!あまり暴れるな!

これは日頃の雷電への敬意の結果。

疾風剣便利。

えっもう一回遊べるドン?!連続手番取れたの初めてだ。

失礼しま〜〜す。

落雷が来ました。白鏡をする隙がない!
技力温存出来る状況じゃない!

竜巻のダメージが結構痛いですね。

太刀風氏はステップが速すぎる!すぐ竜巻する!
さっきから脳内の太刀風五郎氏がずっとクラブでダンスしてる!踊ろうぜ。

そろそろ雷電五郎氏は斬れるはず。

よし!残るは太刀風五郎氏のみ!とはいえ、竜巻だけでも強いんですよね。

勿体無いけど時間がヤバイかもしれないので、力士水を使って相思の攻撃!
これだけ入ってたらいいでしょう。

疾風剣と連発式で削ります。

竜巻が〜止まらない〜〜。

相思の攻撃と疾風剣を重ねて…

よし!勝利!

杏さんがレベルアップしました。
心の水……本当優しさを捨てに行ってるな……。

サンキュ!

一人ずつ退場していくの面白すぎる。

火が残ってた!良かった〜〜!

でも、このステータスなんですよね…。技力…髪、行けるか?
正直、五郎さんたちにはもっと楽に勝てると思っていました。こんなはずでは……。祖霊丹二つだけなんだよな…。不安。

とりあえず、みるみると杏の技力を回復!

ええ?!それだけ?!足りない足りない。全快近くまで回復すると思ってた。
相思の技力も回復したいぞ!

さっき力士水を結構使ってしまったので、あと4つしかない。
二ツ髪戦みたいに途中でバフ切れを起こしたら、萌子で積み直しをしないといけない。

それに加えて、髪の強烈な通常攻撃と術があるはず。回復に技力使うから……。

さっきの五郎さん戦のダメージを回復しただけで、みるみるの技力が溶けました。

髪の攻撃を円子か春菜でリカバリ……プラス速鳥萌子白鏡を挟む………。
圧倒的技力の木枯がここにいればなあ〜〜。

笛、使います。技力を回復する道具がないなら敵から奪うまで。もしくは宝箱散策!いい感じになったら髪に向かいます!

はい。ここからガバガバプレイです。

五郎さんたちからの強奪品に黄色文字がなかったので、今月赤い火が宿っていたことを忘れてました。
これを髪戦で使わないのは意味がわからない……。

そうなると速攻で下に降りて、技力回復できたらもう一回上がってくる…?そ、そんなことが出来るのか…?やるしかねえ!

そしてこの編成を見て思い出す。ここは九重楼で下の階にいるのは黒ズズ大将だということを。

コイツらは一族にとって危険な赤地獄や花乱火を使ってくる敵です。使われたら春菜する未来しかない。技力回復するどころか減る。

アホですね。忘れてました。
やられる前にやる、くらいの心意気でちょうどいいのに………。

マジで黒ズズと戦いたくない。黒ズズが後列にいたらたまったものではない。こんなところで疾風剣使いたくない。

大馬鹿者なので、赤い火が宿るまで階段の踊り場で身を潜めていました。
祖霊丹の宝箱を探しに行こうかと思いましたが、どこに宝箱があるから分からない以上、赤い火の時に髪の場所まで戻ってこれないかもと思うと、踊り場から動けませんでした……。

キョウさん…。
こ、これは戦略だ。敵情視察だ。私のせいで杏さんが馬鹿になるのやめたい……。

赤い火になったので行くぞーー!(ヤケクソ)
って下に降りるのかよ!

上がって降りてまた上がってきたのに、結局降りる!

玄関開けたら2秒で黄川人。今月は阪神タ◯ガースみたいな色合い。
先月の話の続きですね。

肉体が滅ぶなら不死ではなくない?よくわからない。

永遠の命を得たはずの元人間が天界に行って、裏から人間を指導していたということ?
スケールの大きい摂関政治みたいだな……。

飽きるのはや男。凄い親近感ある。
“自分たちの子”ってのは、誰を指しているんでしょう。

ここの意味はよくわかります!!
今めちゃくちゃ耳が痛い……笛……技力………。

今の話、正直何もわからなかった。

ただ、一族が思っている以上に事の発端は大きくて、色々な思惑の上に成り立っている物だと……それだけはわかりました。

そして何故あの男は一族にそんなことを話すのか。それがわからない。

とりあえず回復はした!

行くぞ!

シェン◯ンみたいな龍だ!カッコいい!
薬と爪が来ました!武器は嬉しいですね!

先手取れました。六ツ髪と言うのか。

仁王水、力士水、速鳥のコンボを決めるドン!

萌子〜?

うっ嘘でしょ……萌子249………?

チッ、スカウターが故障してやがる………。
萌子で上がるレベルの数字じゃない。
仁王水で上げた防御を遥かに上回る数値の萌子を………。

これ、仁王水より陽炎の方が良いだろうか……?
多列攻撃されたら春菜連発祭りになるはず…。春菜したらあっという間に技力が無くなる………。

祖霊丹と神明丹、もっと持ってこれば良かった…!!(何回も言う)

清水で相手の萌子を打ち消すか?
でもそうしたら私たちが先程行った仁王水や力士水、速鳥の効果も切れてしまう………。
そんなことをして、技力が枯渇しないか…?

お前……技力………寄越せよ…………。
髪戦のために雑魚どもへやりたかった図を本人の前でするな。
一気に50くらい回復しないかな。

6!6…!w

割と絶望した。1春菜分を増やすためには、あと3回もしなきゃいけないのか……。

そもそもこの魂寄せを挟む機会がどれだけあるか…髪の萌子249……。
そしてみるみるが萌子249から殴られ……

強すぎでは……!?

単体攻撃だったから良かったものの、列だったらマジでヤバイぞ!!
3春菜くらい必要かも…萌子249の攻撃一回に72も技力使ってられませんよ!

無理だ。清水にします。
まともにやり合ったら死ぬ。清水の必要技力が少ないことが不幸中の幸いですね。

あああ萌子!

みるみるが一番技力を使う可能性があるから、みるみるを回復要員にした方が良いかも?

14かあ。杏の二倍とはいえ、しょっぱいですね。

相思は清水で。

みるみるに単体攻撃だったのですが、萌子なしでもこんなに食らってしまうのか……。
異様に強くない?

寝てくれ〜〜!

七つの玉を集めねば願いは聞かぬ。このやろっ!

怒涛の清水連打をしているのですが、この辺で思いました。

この髪、術は萌子しかしない。

萌子ができるってことは敵も技力を持っているってことで、それを魂寄せで私たちが奪っているってことですよね?
では、いずれ尽きることもある?

というか、今までの敵ももしかしたら技力の概念があった……?

魂寄せを使えば、五郎氏たちの落雷や竜巻の回数を減らすことが出来たんじゃ………。何で今までアスピル戦法を思いつかなかったんだろう……。

列攻撃が来ました。萌子無しなら1春菜くらいか。

陽炎を使います!避けるに越したことはない!

強いいい!でも2連続攻撃は初めてだ。

今のうちに積むぞー!円子でみるみるを回復して、その後陽炎で!

杏さんが避けている!
いいぞ!反撃しよう!

力士水します!
五郎さん戦で力士水をたくさん使ったので、すぐに在庫切れしました。
これより先は萌子の世界……。

杏さんに白鏡を使います!

相思ー!

相思の技力の方を回復してた方が良かったかもしれない。
よく考えたら、みるみるには連発式という仕事があるので、どうしても相思が回復役になってしまうのに……。

疾風剣仕事人します!

相思が避けている!えらい!

疾風剣の威力が下がってきている…。力士水、本当効果切れるの速い。疾風の如し。

今度はみるみるが回避している!いいぞ!

相思…技力…耐えてくれ……。

凰招来、名前がかっこいいから使ってみたいなあ。

今は連発式にしてしまうんですが!

萌子で攻撃力を上げます。おかしい。
萌子249の半分くらいの効果しかない。

相思の技力〜〜!完全に采配ミス。

疾風剣削り隊。

みるみるの進言が炎に燃えている。

海松(ミル)
海松(ミル)
凰招来を覚えたんだ!使ってみてもいいだろう?
杏(キョウ)
杏(キョウ)
ミルは奥義だよ
海松(ミル)
海松(ミル)
私なりにキョウの役に立とうと…せっかく覚えたのに…凰招来……いつもそうだ……

連発式が頼りになるんですよ〜。

相思の会心の一撃だー!ひゃっほう!

疾風剣と連発式でゴリゴリ削る!

相思が攻撃されてしまったので、杏から相思へ円子。

そしたら相思が歩み寄ってくれた感じがして、ちょっと嬉しかったな。

相思は優しいから、関係がギスってても杏さんのこともちゃんと考えてくれそう。少なくとも友情を捨てようとはしない。

みるみる、火術進言から物理進言へ変化したのが、しぶしぶ杏の望みに応えようとしている感じがしました。

海松(ミル)
海松(ミル)
これなら満足か?
杏(キョウ)
杏(キョウ)
何か怒ってる?
海松(ミル)
海松(ミル)
怒ってない
海松(ミル)
海松(ミル)
私がちょっと撃てばいいんだ

じゃあガツンと撃ってみよう!

お………

よっし!

全員レベルアップ!みんな風がすごい!

あと4本。次で折り返しですね。

疾風剣してただけなのに、健康めっちゃ下がった。

帰ります。

そうか………今月ほど木枯にいて欲しいと思ったことはなかった。

孔雀様と同じ寿命ですね。
木枯は最初から最後まで武闘派だったと思います。本当に強かった。

白群と下諏訪竜実様の元に生まれた木枯。あの長髪二人組からハゲが生まれるのは遺伝的におかしい。娘の海松もふわふわなのに。

おそらく天界で髪を伐採したのではないか…といつかの記事に書きました。
そんな木枯が一族で初の髪討伐に向かったんだから、運命って面白い。

ひたすら梵ピンを探していた時代ですね。孔雀様は梵ピンを飛空大将に持ち逃げされて以来、えらく梵ピンに執着していました。

木枯は孔雀様の力を戦いそのものではなく、戦利品のために惜しげも無く使っていく無茶苦茶なムーブに面白さを見出します。

孔雀様は寿命や使命よりも感情を優先していたのです。その辺り、バミの娘らしい。

木枯はもともと来訪時にイツ花ちゃんの尻を触ってぶたれるような男です。
この台詞だと「エロガキ」か「何もわかってない」の二択だと思うんですけど、私は後者だと受け取りました。

竜実様の元、竜とともに過ごした幼少期……竜に囲まれ暮らしていたため感情に疎く、心に曇りがないのだと思います。

だから、一度決めたら貫き通すのみ。静寂の時の中にいた木枯にとって、孔雀様は物凄くパワーを持った存在に見えたのです。

ここで激強奥義・連弾弓木枯を開発します。

開発理由は簡単。
「梵ピンが取れなくて怒っている孔雀様の役に立ちたかった」

もうそれだけです。バランスブレイカーかってくらい強い奥義でした。

孔雀様は人生の3分の1を費やし、念願の梵ピンとご対面したわけですよ。
そりゃ取りに行くっきゃないです。

木枯!やるわよ!

よしきた。進言に出そう。

つよ〜〜!木枯あんたやるじゃない!

孔雀様のためになっているのならば、追い連弾弓進言。

いくらでもこの奥義を使ってみせる。そのために考えた。

やったわーー!梵ピンよーーー!

うげええ健康度めっちゃ下がってる……。木枯どういうこと?!

連弾弓はそういう奥義です。という話でした。

孔雀様は梵ピンが欲しかっただけで、木枯が身を犠牲にしているとは思わなかったのです。
目先の利に惑わされ、部下の管理が出来ていなかった。孔雀様は己の未熟さを胸に刻むことになったでしょう。

木枯は翌月にはピンピンしていましたけどね。

申し訳なさそうにする孔雀様に木枯は、「何故そんなことを気にする?」「梵ピンを手に入れられて良かったじゃないか」「俺を使うと言っていたのは孔雀様なのに何故だ」と言います。それが、孔雀様の頭を悩ませます。

孔雀様が悩む理由。それは「あたしへの信頼と期待が大きすぎる」ですね。

孔雀様は自尊心が高いですが、自分の未熟さを認識したばかりです。
「今回はオッケーでも、いつか木枯の期待に応えられなくなるかもしれない」と不安になるわけですね。

それに孔雀様は、何故木枯が自分をここまで慕うのか分かっていません。
今までの「強い奴が言うこと聞いてくれてラッキー」という感覚が崩れたのです。
もうお前のこと道具として見れねえよ。

主従的な力関係は「孔雀様>木枯」ですが、精神的にはこの時からずっと「木枯>孔雀様」なんですよね。

木枯への申し訳なさと彼の期待に応えるために相翼院を討伐場所に選び挽回を狙う孔雀様でしたが、敵からの常夜見を受け、

木枯を攻撃します。
それでますます気を落とす孔雀様でしたが、木枯は「いつも通りにしていればいい」と言います。

本当は孔雀様も、木枯のために何かしてあげたかったのにね。初めてそういう気持ちを抱いたのに。
未熟さを認識したプライドの高い孔雀様に「いつも通りで良い」っていうのは逆に失礼なんです。でもそれが木枯の望みなんだったらそうする。

「ついでに貴方の理想の当主をやってみせるわよ」ってのが孔雀様でした。
木枯が身を粉にしてくれている分、孔雀様も木枯に返そうとします。ムカつくけど。

究極的に言うと、木枯的には孔雀様はそこにいるだけで面白いから、妙な采配さえしなければ何でも良さそう。とはいえ、己の中の孔雀様の理想化もしてしまう。

そういう感情を受け取った孔雀様は、己を試されているようでプレッシャーに陥るわけです。都合よく思っていた木枯の忠義が重い!と感じるんです。

木枯自体の思考は「孔雀様といると面白い→側にいたい→孔雀様に忠誠を誓う」というガチシンプルなんですけどね。
マジでもっと深い理由があったら良かったのにね。ただ側で楽しいことしたいだけなんですよね。

そこを突いたのが交神のお相手である芭蕉天嵐子様です。
「あんたはそれで良いかもしれないけど、孔雀って子はそうじゃないんじゃないの」ってのを突きつけます。

要は、「本当に尊敬している人ならば、お前もその人をしっかりと見て歩み寄れ」と言います。

怒った木枯ですが、言われてみればまさにその通り。
結果、何も言い返せずに去るとかいう今世紀最大の感情を見せました。

その後、木枯はめっちゃ考えました。

現役引退した孔雀様から隊長代理を任命された木枯。戦いたくても戦えない状況の孔雀様を思う。すると、「こ、これだ〜〜〜!」と閃いたのです。

一族初、2つ目の奥義を開発します。どんな技かと言いますと、

こんな技です。縦列攻撃。奥義に槍使いの孔雀様の姿を残すことにしたのです。
そして心を憚らぬ健康度消費2。
孔雀様も、これには呆れたように笑います。この男はどこまでいってもこうです。

でも……「まあいっか」って思ったんだろうなあ。自分が完全でないように、木枯もまた不完全。

孔雀様亡き後、木枯は当家初の髪討伐を果たします。

貫通殺は命中させ、

連弾弓はスカるという始末。孔雀様の力が働いているように見えました。

多分何やかんやと言いつつ、孔雀様は木枯がいて安心感を得ていたんだと思うよ。だから、この激重忠誠のハゲを手放したくなかったんだと思う。彼の期待に応えようとしたんだと思う。

圧倒的に強い、なのに絶対に自分を裏切らないと確信して言える。信頼してたんでしょうね。

どこまでもどんな敵でも、木枯がいれば何とかなる。だからあたしは、あたしの道を進んでいける、と。

木枯はまだまだ戦える資質を持っていましたが前線から退き、最後に相思の娘・アヤメの指導を努め、今生を終えました。

そして遺言……。
まあまず圧倒的木枯で凄いなというのもあるんですが……

この孔雀様の遺言へのアンサーだと思って震えましたね。

木枯は最初から最後まで孔雀様の従者で、孔雀様を絶対的支柱として生きていたんだなあと思いました。
孔雀様はその後、静匁木白山天様として昇天しました。木枯はそんな孔雀様…白山天様にならい、神になると決めていた。

木枯はどんな立場でも、どんな姿になっても、孔雀様の元でお仕えします。
「孔雀様じゃなくても、誰でもいいんじゃないか」

そんなことはなかったんだ。

そだね………。

え…何かお忘れでは……。
え、え、木枯……………。

木枯……氏神は……………?

え、いや、でもまだ………。

春になってしまったけど…氏神の話が出るタイミングっていつだっけ?孔雀様は杏へ当主交代した後に話が来てたから…まだわからないよね?この話の後だよね?

ねえ……木枯めっちゃ仕事してる……。これは神になるしかない………。

木枯の訓練のおかげでアヤメがね、出撃できるようになりまして………。

ほら〜〜!アヤメが術を覚えてる!木枯の娘のみるみるも!
技のプロだから、木枯は。

あっ…孔雀様が生前に賭けた豆……。

「孔雀様ならどこまでも行ける」と木枯が言った豆がね、コケてるんだけどね、まだわかんないよね………。

認めたくない……認めたくない………。

イツ花ちゃんの話が終わったーーー!

何これこんなことある?!
氏神になるって言ったのに!!何で?!

いつか木枯の氏神の話が来ると、震えながら待っていたのに。

あんなに強くて、戦闘において木枯に頼りっきりってくらい木枯の存在は一族の中でも群を抜いていて、ずっとずっと戦い続けてきて、最初の髪まで倒して、孔雀様に見立てた奥義まで披露して、そう、初めて奥義を二つも創作して………。

そんな木枯が神にふさわしくないとおっしゃる!!!!!

大号泣をしている。涙が止まらない。
木枯……孔雀様の側でずっとお仕えするって決めてたのに………!それだけが生きがいだったのに!!!

こんなことってあるか?!?!

素質だって…木枯は1万点を越えてるんですよ…。孔雀様は7千点だから、資質は木枯の方が上なのに………。
技系の勇姿録は大体総ナメしてるくらい強いんですよ………。
何で…何がダメなんだ…?

キツイ。耐えられない。これは乗り越えられない。

ああ………ああ………終わりなんだ。
木枯は白山天様の元に行くことが出来ないんだ………。

何で…嫌だ……孔雀様…いや、白山天様…天界で待ってるかもしれないのに。

そんな…………木枯…………。
孔雀様の…一族のためのただの駒だったとでも言うのか。
そんなことない!そんなことない…のに…!何で?!

遺言だって、完全に孔雀様の元へ行くこと前提の発言だったじゃないですか!

………木枯はどうして神になれないんですか?

孔雀様と木枯の運命がこの先交わることは永遠にないんだ。
木枯がいくら輪廻転生をしようとも、十年先、百年先、千年先、一億年先でも、再び孔雀様に出会うことは……ないんだ。

この1年が、奇跡みたいなものだったんだ。

主従関係も

奥義も

敬意も

孔雀様を見た戦も

何もかも、終わったんだ。