髪斬り地獄編

1025年12月 出陣・親王鎮魂墓

江戸も一緒にバーンとォ!!って言っていると思う。

おっこれはイツ花ちゃんとデート出来るフラグだぞ!江戸のアップが始まります。

さらに幻灯フレームと紙が入荷!

さて、江戸の忠心が下がっていたので、父との親睦も兼ねて名品を授与してみました。

こんな時だけ言葉遣いの良い江戸。
天界の夕子様・昼子様に育てられたので育ちはいいんだよ……。

こう、微妙に全回復しない「協力はしますが貴方を推し量っています」というところ含めて夕子様と昼子様に似ている……!

江戸は名品も好きだと思いますが、そこまで派手なものではなかったのでお気に召さなかったのかもしれない。

やはり江戸が興味のあるものと言えばここでしょう、姿絵屋。
江戸も「あの人はわかってないねえ」と思いながら一枚購入。

美しいですね…。髪をなびかせているし、次のシャンプーのCMに起用するとかどうですかね、雑貨屋の店主さん。

まだ新商品があったのか!なんか囲碁みたいな名前ですね。
開封の儀〜〜。

江戸
江戸
ハッ!ここは…家……?
アヤメ
アヤメ
江戸くん…大丈夫……?
江戸
江戸
あれ?オレは姿絵屋にいたはずじゃ…………
アヤメ
アヤメ
うん……これだけは手放さなかったよ……
江戸
江戸
お義兄さん、妹さんを僕にください。
アヤメ
アヤメ
こ、こういう時どういう反応をすればいいのかしら………
江戸
江戸
つーかアヤメ、白詰ちゃんに似てるなあ
アヤメ
アヤメ
似てないよ…!白詰さんに失礼……
江戸
江戸
そうか?まあ確かに雰囲気は正反対だけどな
江戸
江戸
物憂げな美人ってのも良いもんだと……………
アヤメ
アヤメ
あ、あの…あんまり…見ないで……は、恥ずかしい……
江戸
江戸
…よし!アヤメも姿絵出そうぜ!
アヤメ
アヤメ
え、いや………
江戸
江戸
オレも一緒に姿絵デビューするからよ!通り名は「愛の伝道師」なんてどうだ?
アヤメ
アヤメ
わ、わたし…ごめんなさい……!
江戸
江戸
姿絵で人気が出たら色んなとこで「看板娘になってくれー」ってお願いが来るだろ?そしたらアヤメは京にいなきゃいけねー理由が出来るじゃん…って、
江戸
江戸
おーい、アヤメさーん。…行っちまった。
アヤメ
アヤメ
杏くん、みるみる…最後の髪…早く倒しに行こう……!
海松(ミル)
海松(ミル)
珍しい。アヤメが積極的だ。
杏(キョウ)
杏(キョウ)
江戸、何かあった?
江戸
江戸
何でもないですよっと

行ってきます!

12月といえば大江山。杏はここでの記憶を刀を通して得ています。
どうしても鬼と神が許せなくて始まった髪討伐の旅も、ついに終わりを迎えようとしています。

最後の髪は親王鎮魂墓の奥にいるという。
何としてでも倒したい。

その前にボス部屋までたどり着けるかが問題なんですけどね!
ぜって〜時登りの笛は使わないぞ。
迷路に勝つ、迷路に勝つ、迷路に勝つ……。

出陣・親王鎮魂墓

出た!

黄川人くんが出ると思わなくて、また驚いてしまった…悔しい……。

親子である杏と江戸はそれほど仲良くはないから、虫酸が走ることもないかもね。悲しい現実。

裏切り警察(杏)の前で裏切りを語る裏切り者代表者(黄川人)。
黄川人くんは昼子様やイツ花ちゃんを裏切り者だと思っているのだろうか?

さて、始まりました。本日のメインイベント、金色館ワープ探しの旅。

前回の敗因は通路探しのためにマップの端を歩いていたこと。そして、封印像の間に繋がる階段に引っかかったこと。

記憶では大ボスへのワープは画面中央にあり、アガラ封印像へ繋がる階段は中央より少しずれた四隅にあったように思います。

ということは、マップのど真ん中を走れば良いはずなんです!
「このはし わたるべからず」を心がけよう。

オラオラ〜前回の出撃報告から迷路対策を考えた杏さんのお通りだぜ〜〜。

ドンピシャ!
前回みるみるたちが迷走した甲斐があったもんよ。

逆に時間が余りすぎたので適当に戦います。
ここにきてみるみるの技火がとんでもない勢いで伸びている!

江戸の水は全然伸びないなあ。体の水が伸びているだけありがたい。

矛盗みという術が来ました!相手の攻撃を下げる術だろうけど、使わないだろうなあ。

杏の技風がめちゃくちゃ伸びている。心は水と土が伸びています。今までが嘘みたいに穏やかだなあ………。

出オチ感溢れる名前の武器が来た!!セクハラでは?!

爆笑。

男専用で女の敵に2倍ダメージ……!笑
たくましい武器ですね。

この辺りで崇良親王へ挑みましょうか。

勝手に親友を神にした杏&勝手に鬼にされた崇良親王という構図。

まずはジャブを撃っておきます。

野分で争わない姿勢を見せている。「そこまで親子仲は良くないですよ」ということを伝えているのか?それはそれで悲しい。

と言いつつ父親に言われた通り、力士水を挟む江戸。

虫酸ダッシュ!

今のに虫唾が走る要素あった?
野分で穏便に片付けようとするみるみるですが、

連発式を採用しちゃったよ…みるみるは連発式したいかなって思って……。

また斬られてしまった。これはもしや剣舞の戦いを申し込まれている?

では杏の疾風剣で対抗します。もっと舞え〜。

そしてアヤメによる春菜で回復!
そうです、一族は今が再生の時なんです。

時代や役割、それぞれの感情や目的に翻弄されていた髪討伐世代。
でももうすぐそこに、終わりが見えています。

過去は変えられないし、忘れられないもの。
己の過ちも未熟さも、受け止めなければならないもの。

でも、人は変わることが出来るもの。
未来は変えることができるもの。

だから、ここで立ち止まるわけにはいかないんだ斬り〜〜〜〜!

崇良親王……すまないが、通させてもらう。

みるみると江戸がレベルアップ!
そして恐ろしい数字を見てしまった。
江戸の体水の霊圧が…消えた……?

崇良親王ーーーー!解放してあげたいけど、条件がわからないから助けることができなくて歯がゆい……。

ここからが本番。
扉を開けた先に待ち構えていたものは、一族と血を分かつ、あの鬼です。

これ誰視点の話?昼子様?天界?

結局、髪戦前に黄川人くんがずっと語っていた神話の神様とは、具体的に誰なんですか?神様は死なないんだから、今も神様一覧の中にいるはず。

強い&古株そう&かつて永遠の命を欲していたかもしれない者……としては太照天夕子様と氷ノ皇子様は代表格なんでしょうかね?

あとは五郎さんたちとか他にも沢山いるはずです。

とりあえず、これで天界エピソードは終わりなのだろうか。全7回に及ぶ黄川人くん演説+ボスたちの台詞を加味した超絶個人感覚・天界エピソードまとめがこちら。

天界今昔物語

太照天夕子様や氷ノ皇子様を始めとする祖は、遙かな時を経て永遠の命を手に入れ”神”と呼ばれる存在となった。

ところが神となっても人への情を捨てることができず、術や血といった知識・知恵を人に与えることで彼等の力になろうとした。

しかし神から与えられた知恵を悪用した人々は戦乱の世を招く。
悲しみに暮れた神々は、丁度よく片羽ノお業さんと人の間に生まれた子を人間の指導者とし、人間界をまとめようとした。

だが神の誤算はさらに続く。人の嫉妬とは神の思惑を越える程に恐ろしいものであった。大江山の悲劇を招いたのである。

夕子様は大江山で果てたと思われた神の子の1人を太照天昼子として天界へ迎え入れる。そして、鬼となり復讐に燃える神の子の片割れを打倒するべく側に置いた。

昼子様は人と神の混種であった為、恐るべきスピードで力を身につけた。そして、独自の戦略で混沌としていた天界の統一に成功する。

次に、昼子様は対朱点用最終兵器製作計画を立案する。そのキーマンとして白羽の矢が立ったのは、片羽ノお業の姉・お輪。(この辺は昼子様の復讐かも)妹同様にお輪は人との子を為すことになる。

同時に昼子様は朱点童子と相対し、多数の神と引き換えに朱点童子を強靭な鬼の中へ封印することに成功。計画は順調かと思われた。

しかし、大江山の悲劇を繰り返す。

お業さんが黄川人くんに天界の計画内容を密告していたのだった。(密告タイミングはよくわからん)

朱点童子に呪われた一族はまだ幼子であった。
そこで、かつての大江山と同じく、しかしながら今度は神の子ではなく、”勇者の子”として祭り上げた。
”神の子”と大々的に言えば、また人に殺される可能性があったため。

昼子様は一度天界が失敗したやり方を別の切り口で再度実行した。今度は交神というギフトをセットにして。神の素質・資質をギフテッドし続け、来たるべき日を待つ。

〜終〜

激アツですね(私の妄想具合が)

こう考えると天界側の「かつて愛したオモチャ」は昼子様と黄川人くんだと思ってしまうんだよなあ

でも「ボクたち鬼と君たち人の戦いには似てない」の文脈は、「ボクと一族の戦いを見世物にするあいつら性格悪いよね^^」と言いたげだからしっくりこない。

まあ私も「黄川人くんと一族、どっちが勝つか昼子様たちは賭けて」と言いましたけどね!も~冗談ですよ~~!うっそぴょーんピッピロピ~(手遅れ)

最後の髪に立ち向かう一族の皆さんです。
非常に落ち着いております。

祝いの鈴は今回も割れませんでした。

さあ行くか〜。

絶対勝つ!

今までたくさんの髪を見てきましたが、この髪が一番好きです。グッときます!
ああ~この錆びた青銅色が良い~~!触って歴史を感じたい~~~!
元々は金色だったんだろうなあ。

初手速鳥で連続手番を防ぎます。

そして!初の梵ピン!!
中盤からみるみるが徐々に技火を伸ばし続けてくれたおかげで習得できた術〜!

さらにアヤメは石猿!杏の母である孔雀様以外習得できなかった石猿をここに復活させたました!

江戸は力士水ね〜〜。梵ピンか石猿のどちらかは使えるようになってほしいなあ。

七ツ髪からの印虎姫を食らい…え、術?!
親王鎮魂墓は物理ダンジョンじゃないんですか?!

いったん春菜で立て直す。

江戸って踊り屋なんだよな…。

踊り屋らしいことをしよう。

何の強化もなしにこのダメージは強くない?

みるみると併せたいけど、その間に髪から術が飛んできたら嫌だな…。

ここは連発式を撃ってもらいます。

強い〜〜〜!本当にみるみるは物理も術も完璧なんだよなあ。

その後、みるみるに見とれていたアヤメが髪の通常攻撃をくらい…

めちゃくちゃ痛い!石猿したのに!

自己円子で回復し、杏は力士水を積みます。

これだけ進言に火術を挙げるということは、火に自信ニキということか。
では古扇日の丸という火属性武器を装備していますし、物理もそこそこダメージが通るんじゃないですかね。

あっ術よりも強い!踊り屋とは?!

雷獅子を進言に挙げている〜〜!
これは五ツ髪戦を思い出してのことなのかな。本当にたくさんの髪と戦ってきたよね。

初の雷獅子!あんまり通らなかったけど、今回の戦は「みんながやりたいことをする」が目的なのでね。なるべく進言通りにしたいです。

あ、アヤメ?!緊張しているのか?!
滅多に攻撃を外さないのに……。

赤地獄も使うのか!江戸は回避しているけれども、どうしよう。
土祭りをした方がいいのか?耐えられないほどのダメージではないが…。

おおっと!これは江戸の煽りだーー!
印虎姫と赤地獄、両方避けたのに黒鏡を進言に挙げるなんて、相当余裕があるように見えます。

アヤメ…!いつもは結構な確率で二連撃なのに、単発…!やはり緊張でいつもの調子が出ていないのか。

目ざとい七ツ髪は赤地獄を畳み掛けます。江戸は避けています。

杏を1番に心配しているみるみる。ここで死んだらたまらないからね。

でもここは春菜を使います。
みるみるには杏だけでなく、自身のこともアヤメのことも顧みてほしい。

杏も同じようにするから。春菜で回復〜。

まどろっこしくなってきた江戸、火祭りで赤地獄のダメージを軽減しようとします。
みんな避けられないんだったら、こうするしかないよな。

江戸の目論見通り七ツ髪は赤地獄を使う。江戸は避ける。
江戸が今のところ髪の攻撃を全回避していてすごい。

アヤメとみるみるがさ…二人とも髪の赤地獄でダメージを受けているはずなのに、杏を真っ先に回復しようとするところが泣けますね……。
良かったな、杏……。

杏(キョウ)
杏(キョウ)
アヤメ、僕の事はいい。それよりもアイツの注意を引けるか。
アヤメ
アヤメ
うん、今度こそ…!

よいしょー!今度は当てたーー!

杏(キョウ)
杏(キョウ)
ミルは前に出て。そして、連発式を。
海松(ミル)
海松(ミル)
……!
海松(ミル)
海松(ミル)
ああ!

めちゃくちゃ強ーーい!!!

海松(ミル)
海松(ミル)
キョウ!見たか!私の奥義だ!
杏(キョウ)
杏(キョウ)
言わずともちゃんと見ていたよ。…ミルはやっぱり強いね。
海松(ミル)
海松(ミル)
い、いきなりどうした?流れ弾に当たったか?
杏(キョウ)
杏(キョウ)
ちょうど一年前、鳥居千万宮で最初の髪に挑んだ時を思い出した
杏(キョウ)
杏(キョウ)
そうだ、一年分の思いがここにあるんだ

杏の春菜でみるみるとアヤメを回復しますよ〜。

そして江戸は凰招来!

う〜〜いまひとつ調子がよくないアヤメを狙う七ツ髪、よく人を見ている……。

海松(ミル)
海松(ミル)
アヤメ、最後だからって力む事はない。いつも通りで行こう。
アヤメ
アヤメ
みるみる…ありがとう。力まないように頑張るね…。
海松(ミル)
海松(ミル)
それは力んでいるのでは…?

このみるみるからの円子でアヤメの緊張が解けるといいんだけど……。

そして杏さんも前に出て、斬り込みます。

杏、みるみる、アヤメが並び立ちます。
髪討伐世代が一同に並んだ背中を、江戸はしっかりと目に焼き付けてくれ!

アヤメ
アヤメ
杏くん…私、これがやりたい…眠ってもらえれば、みんなもっと戦いやすくなると思うの…
杏(キョウ)
杏(キョウ)
わかった、頼んだよ

どっこいしょ〜〜!

完璧。みるみるの円子のおかげか、アヤメの調子が戻ったようです。七ツ髪を眠らせてくれました。

そういった親世代の連携プレーを後ろで見ているからか、江戸の進言に「お父さんにお雫」が現れた。感慨深いな〜。

おあっ?!これは力士水と梵ピンが切れたな……。このタイミングで……。

ちょうど髪も寝ているし、バフ積みします。

アヤメ?!どうした?!たまにこういう毛色の違う進言をしますね。
もしかして、江戸の凰招来にも感化されていたのか?

江戸の凰招来の威力はそれ程でもないとはいえ、この戦いで敵の術を全避けしてるいるからなあ。対してアヤメは今月スロースタートで、敵に狙われてばっかりだった。

「少しでも取り返さなくちゃ」という気持ちで、身近にいる江戸を真似したいのかも。

絶対天ノ羽槌の方が強いのに、この進言はかわいすぎる。
江戸から逃げるように出撃したのに、最終的に江戸に感化されるんだから。

眠りから冷めた七ツ髪の脳天に

扇子を投擲!これが踊り屋の脳潰しです。

こちらは剣士の疾風剣です。

杏(キョウ)
杏(キョウ)
鎮メ鬼……僕の刀………

力を貸してくれ。先代の魂たちよ。

つよ〜〜〜い!!!
きょーみるで積んだ力士水と梵ピンが効いている!

あっ

ああああああ〜〜〜〜〜〜

よっっっっ

しゃああああああ!!!!

鎮メ鬼もありがとうな…最後の疾風剣、超強かったよ……。

やったー!やったー!
1024年12月から始まった髪討伐の旅、ちょうど一年後である1025年12月に無事終えることが出来ました。
七ツ髪で七本目というのも、見栄えが良くていいですね。

ちなみに髪討伐数表はこちら。

7本:杏、海松(1〜7)
4本:相思(1,2,3,6)、アヤメ(1,4,5,7)
2本:江戸(5,7)
1本:木枯(3)

どこから喋ってるんだ?!

ゾル○ィック家みたいな庭を粗野だと言うのか…。山も川もあるなんて、まるで大江山みたい。

最後の決戦場!ついに…!
不敗 静匁木与一神話、ついに完結の兆しが見えてきました。

MAMA〜ウゥウ〜〜〜
これお業さんとお紺さんではないよね?
黄川人くんがお業さんと同居するわけないし、お紺さんは天界に昇天しているし。
新しいママが出てきました。ママ集めるの好きだよね、黄川人くん。

来月からはまた新しい世界が広がりそうです。
いや〜楽しみ楽しみ……

マ゛?!

これは奥義の減りじゃない…疾風剣はそんな奥義じゃない……。
ということは……。

杏…本当に…髪を斬るためだけに生まれて死んでいく人だな……。